2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2013/01/15

チャイヤプームへ、帰りにダン・クーンでゴルフ(1)

6日の日曜日から、5泊、滞在していた

妻ゴイの祖母、二人の姪を、

チャイヤプームヘ送る日が来た。


金曜日、早めの朝食をとり、

7時40分にサマゴーンをスタート。


ガソリンを満タンにし、タイヤの空気圧を確認して、

アウターリング(ルート9号線)から、

国道1号をサラブリ方面へ、

そこから国道2号線に乗り換え、

コラートの手前で、国道201線を一路北へ、

チャイヤプームへ向かう。


1時間半走って、トイレ休憩を一度。

2時間半走って、チャイヤプームの手前で、

スピード違反で200バーツノ罰金支払いのため

15分停車。

さらにホーム・タウンの直前に、給油のため停止。


田舎の家に到着したのが、12時40分、

約400Kmを5時間で、走りました。

ガソリン代は、1000バーツくらい。

もちろん、高速料金は、ありません。

(ルート9号の30バーツのみ・・・)


朝早く出れば、お昼には到着することが分かりました。


田舎に帰ると、

お昼ご飯を、ありあわせのおかずとカオニャオで

済ませると、

あとはすることがありません。


ソンクランで田舎に帰るときなら、

あれこれ親類縁者が、それぞれ離れた町から

故郷に帰り、いろんな顔合わせがあるのですが、

そういう出会いも、

今回は無し。


お昼時に飲んだビアリーオのほろほろ気分で、

長いベンチ・チャアーで一眠り、してしまいました。


目が覚めても、まだ3時、です。


それから、祖母について、野菜畑へ。

ゴイに、2,3の野菜をサマゴーンに持って帰るように、

と言っているようです。


家にもどって5時、

持ってきた本を読んで、

夕飯を待ちました。



ジェフリー・アーチャーの「百万ドルをとり返せ!」。

文庫で360ページのサスペンス活劇。

バンコクに居る時に、100ページほど読みかけていました。


これまで、文庫で手に入れた、

「ケインとアベル」(上・下)、

「12本の毒矢」(短編集)

「12の意外な結末」(短編集)

「12枚のだまし絵」(短編集)

を、過去3か月の間に読んでいます。


この「百万ドルをとり返せ!」は、処女作長編。

いままで、すべての本が期待通りの面白さ、

でした。


短編小説は、サマセット・モームとグレアム・グリーンを

混ぜ合わせたような、

いかにも英国の小説、という感じでしょうか。

気に入って、います。


さて、夕食は、

僕用には、ゴイが、ニワトリを焼き、

茄子を炒めてくれましたが、

他のタイ人縁者には、

どうも上手い料理とは言えない、

という評価が下ったようです。


「わたしの料理を、おいしい、おいしいと言って

食べてくれるのは、あなただけよ」

とゴイ。

^O^


ボクももう少し慎重になったほうが、いいのか、な?


20130115baantaat2
姪っ子二人も、家にもどって
くつろいだ表情です。



20130115baantaat1
くつろいだ表情、第二弾。
サマゴーンの家の裏庭にも、バナナを植えています。
早く、こんな実を付かせて欲しい。
実を食べたい、という欲ではなく、
その姿を愛でる時を過ごしたいのです。


夜は、寒かった。

厚手の、ブランケットが必要で、

確かに、タイにも、「冬」があるんだなぁ、と

北方へ出かけて、理解しました。


そういえば、この時期に、田舎へ帰ったことが

ありませんでした。



翌日は、朝7時には、朝食を済ませ、

祖母がお寺から変えるのをまって、

アイサツを済ませて、

チャイやプームのプー・キオから、

コン・ケーンに向けて、8時に出発。


10時に、ダンクーン・ゴルフへ到着。


まずは、ホテルにチェックインして、

(朝食付き、プロモーション価格で600バーツ)、

それから、11時に、ラウンド・スタートです。






ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング




pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる