2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/12/27

最近のことども・・・。


すこしブログの更新をお休みしていました。


妻のゴイが、中期試験も終わり(といっても2科目)、

年末年始のロング・バケーションに入るので、

どこに行こうか、何をしようかと、

考えている矢先に、

そのゴイが、ケガをしてしまったのです。


ある日、キャンパスで転んで、足の小指を打ち、

ちょっとビッコをひきながら、帰ってきました。

見ると、ちょっと腫れています。


痛みはある、と言いながらも、少しの打撲だろうと、

食事の支度をしたり、

TVで映画をみたりして、いました。


就寝の時間になって、僕が何気なく、

インターネットで、足の指の骨折、

という検索をしてみると、

なんと症状ぴったりの、記述ではありませんか。


ゴイを呼んで、骨折じゃないかなぁ、

というと、

その写真をみたゴイの顔が、

みるみる、まっさおになって、

貧血で倒れそうに・・・。


それからは、痛みを感じる度に、スーッと、

力が抜けるようになる、という具合。

すっかり、大けが人になってしまいました。


翌日は、

足裏に支えを入れて、

小指を隣の指にバンデージで巻いて、

つえをついて歩く、という状態に。。。


そのために、

年末休暇に、ゴルフをしたり、

小旅行に出かける、

という案は、無くなってしまいました。


僕としても、

腰の状態が、一進一退で、

2日置きにVIVAに練習に行くたびに、

腰が痛くて動かなくなる、という状態。


なんとか、腰に負担のかからない打ち方を、

発見しようとしているのですが、

まだ見つかっていません。

ですから、練習の始めはいいのですが、

20球、40球と、

小さなアイアンから打っていって、

2トレイの80球を超えると、

腰に疲労がたまるように、

痛みがたまってきて、

そのあとは、もう痛みを意識しながら、

打たなければなりません・・・。


ということで、この長期休暇中は、

練習しないで、

ゴイと二人で、直接ゴルフ場へ、

何回か行こう、

そうして、回復を待とう、

なんて、考えていたのです。


これは、できなくなった、ようです。


ケガをしてから、

昨日は、5日目だったのですが、

大分痛みを感じなくなったようで、

つえもなしで、歩き出しました。


運動が出来ない、ということなので、

他に何をしようかと考え、

庭の木と、ガーデン・テーブルのことを

前進させようか、

ということになりました。


この間、植木園に行ったことは書きましたが、

あれから、話は進んでいません。


もう少し、木々のことを学ぶ必要がありそうです。


いろいろ考えて、今のところの方針は、

木陰が欲しい、

ということを大目標に考えると、

案外に、果実のなる木が、枝葉も良く茂って、

木陰を作る木としても、優れているんではないか、

という観察に至っています。



20121226samma1
今朝、朝食のあとの、サイクリンで。
湖に面した高級住宅が売り出し。
どなたか、買いませんか^O^。


20121226samma2
前庭、フェンスがブロック塀で、外から見えにくいのですが、
背が高かったり、あえて覗こうとすると、
結構中が、みえみえなんです。
もうすこし、目隠しを、と考えています。



20121226samma3
この木が基本で、花もきれいですね。



20121226samma4
花より、ダンゴでは、このチェリーの木。



20121226samma5
けっこう、激しく、速く、
成長するのです。
チェリーの実も、おいしいですし・・・^O^。



さて、平行して、その庭に置くテーブルと椅子、

とくにお客さんが来た時に、

ちょっと座ってもらう場所を作る、

という目的でも、そろそろ必要かな、

と考え始めました。

(お客さんにちょっと・・・と言いましたが、

僕の家は狭いので、実は屋内に招じ入れることは

極少、かもしれません。

そこが、主要な、おもてなしの場、になるか、と)


そこで、ちょっとどっしり、ゆったりした、

ガーデン・テーブルにしたいかなぁ、、、と。


昨日は、

シーナカリン通りの、パタナカン近くにある、

Stone Galleryというところに

行きました。


家の塀を作ってくれたサマゴーンジ事務所の

Dさんに、石のテーブルを買うとするとどこ、

と訊いて、教えてもらった場所です。


いくと、様々な石が、2cmほどの厚さに切られて、

展示してあります。

すべて、輸入品。

なんでもタイでも、輸入石屋としては、最大級で、

全国の、高級住宅、コンドミニマム建設、個人から

多くの引き合いがある、

とのこと。


写真を撮らなかったのが残念でした。

カリフォルニア・ピンクと名付けられた

石が気に入ったのですが、

ここは、石を材料として加工して売る、

までで、最終製品としての形態では

ビジネスをしていない、と。

すなわち、テーブルや椅子は、その石屋に、

床とか、壁とか、は建築会社や、

内装デザイン会社へ、売るのだ、ということ。


個人で買う場合は、

自分で最終加工者をみつけないといけない、

という。


石は気に入ったのがあっても、これだと、

時間がかかりますねぇ。。。


サマゴーンへの帰りに、

ラムカムヘン通りにあった、

石屋さんに寄ってみました。


基本はコンクリートで、デザイン的に

石を埋め込んで、ちょっと見には、

気持ちよさそうな、テーブル・セットが

ありました。


ここで、加工しているのか、

と訊くと、

ここにあるテーブル・セットは、

すべてサラブリで作られたものだ、と。


なんでも、石造りの製品は、サラブリが有名らしい。



家に帰って、インターネットを調べると、

ラッカバンに、見栄えの良い、石屋さんが

あるらしい。


ということで、今日、行ってきました。

ところが、

インターネットでは、

さまざまな製品が、美しい写真入りで、

近代的な会社のイメージで語られて、

けっこう大きな会社だろうなぁ、

と思わせたのですが、

なんと現実は、ラッカバン通りに橋の下に

隠れるようにしてある、

雑然といろんな製品が積み上げられている

汚い倉庫、というか・・・。


インターネットで見た商品を、

実際に目で見れるかと思ったのですが、

ほこりにまみれて置いてある幾つかの

商品以外は、ただ写真のカタログで、

商いをするのだ、と。


自分のところで、作成をして販売をする、

という割には、

椅子だけ、とか、

テーブルの足だけを作ってくるるかどうか、

と訊くと、

いや、ワン・セットの商品しか、

取りあつかわない、 

とのこと。。。


ここも、昨日のお店のように、

実は、サラブリから卸で買って、

販売しているだけではないか、

そんな気がしてきました。


ほんの15分ほど、話をして、

おしまいにしました。


ラッカバンまで、はるばる出かけたので、

ついでに、スインタウォン通りの、

ガーデン・ハウスのお店を、覗いてみることに。


今の家に引っ越してきた最初のころは、

裏庭に、ガーデン・ハウスを置こうか、

と考えていたことを思い出したのです。


今、考えている場所は、前庭なのですが・・・。

もしや、と思って。


20121226stw1



いろいろな木製ガーデン・ハウスです。


20121226swt2



20121226swt3



20121226swt5



20121226swt6



大きさは、一辺の長さが、

2メートルから2メートル半。

値段は、一番高いので、10万バーツ、

僕が気に入ったものは、6万バーツ、

といったところです。

ノック・ダウンで、自宅に持っていって

組み立てるには、5000バーツの

作業料。

完成品を運び設置する値段は、クレーン代を入れて、

1千バーツとか。


木製なので、手入れが必要で、

2年に一度は、ペンキ?を塗る、

必要があるだろう、とか。


そのサービスはあるかどうか、

訊くと、

なんだか、高くて、8千バーツ。


意外に、これもいいかなぁ、とは

思いました。


屋根、がついているので、

日射しとか、雨の心配をしなくて済みます。


石のテーブルにすると、

まだ庭の木々が育っていないので、

日射しが、午後にはきつくなり、

日よけの傘が必要になるかも、

と心配しています。


こちらのガーデン・ハウスハ、

すべて、ワンセットなので、

それ以上の心配が、少なくてすみます。


庭にある、大きなマンゴーの木との兼ね合い、

母屋との関係、

しっくり納まるかどうか。


など、など、考えなければ、

なりません。


前庭に、砂と砂利をいれて、、、

その上に、

すこし見栄えのする、小石を置いて、

(これらも、すぐ、手配しなければなりませんが)

その上に置くのが、

石のテーブルになるか、

木製ガーデン・ハウスになるか。


決められない、

日が続くか、

どうか。







ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

木製のガーデンハウス

庭の話題は私が過去に経験してきたことなので、コメントが厭味にならないよう願いますが、私も庭にガーデンハウスを置くことを考えて色々実物を見に行きましたが、中のテーブルが小さかったり、材料とデザインが気に入らなかったり、なかなか決まりませんでした。
その間、同じように石材でのテーブルとイスのセットも考えましたが、お祭りの市場に数多くの木製家具の店が並び、その一角にガーデンハウスの店があり、ひと目で気に入り購入しました。 
現物を運んでもらい2万5000バーツでした。 ニスが厚く塗ってあるので、もう3、4年になりますがまだ塗直しの必要はないです。
門の近くに設置してあるので、家の修理とか、庭の手入れなどをする人の休憩所としても重宝しています。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる