2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/11/23

ブラック・フライデー?


昨日は、

妻のゴイが勉強に集中する日となったので、

そばで本を読んだり、

TVを見たり、

インターネットで日本の選挙関係のニュースを

読んだり、

そんな一日になってしまいましたが、

そのゴイも、

今朝の6時に、

キャンパスに出かけてて行きました。


ゴイをバス停まで車で送って、

うつらうつらしながら、

TVのBloomberg(米国経済チャネル)を

聞いていると、

なにやら、「中国経済、急速な回復!」というニュース。


7月に日本に帰国したおりに、

まず、成田空港の売店で目を引いたのが、

「中国経済 崩壊の始まり」(?だったと思う)

というタイトル記事の週刊誌で、

おもわず買ってしまいました。


9月には、尖閣摩擦から、日中関係にひびが入り、

日中双方に、経済的悪影響が確実、

日本より、中国の方に、その影響が大きいだろう、

とも言われていた状況だと思いますが、

どうやら、そんなことはものともせず、

この3か月間、

中国の回復への施策は、順調に進んでいたようです。


習近平(シー・ジンピン)総書記をはじめとして、

中国指導者が入れ替わった時期、

中国にとっても、良いニュースではないでしょうか。


EUの落ち込みが確実なこの時期、

また、中国に世界の経済の牽引役を果たしてもらう

ことが出来れば、幸い、だと思います。


国内の不満のはけ口に、日本バッシングをする、

という姑息な手段に訴えることも、減ると期待します。


一息ついている間に、日本は、経済・外交、

両面で、立て直しを図ることが大事になりますが・・・。


China's manufacturing growth quickens; HSBC flash PMI at 13-month high



それにしても、

中国の政策実施者、

本当に、実力があるのではないでしょうか。

13か月に及ぶ、

マイナスのトレンドを、逆転させ、

今後3か月のトレンドを上向きに、

修正した、

というのですから。。。


日本の、失われた20年は、どうして回復の

兆しもないのか。。。?



しかし、日本も、衆院解散宣言以来、

いよいよ3年間の、政治的迷走、経済的空白という

閉塞的な雰囲気から、

ようやく、解き放たれた感じで、

安倍自民総裁は、前のめりすぎるくらいなので、

まだまだ、先は心配はありますが、

期待値を表す、株価、円高、でいうと、

大幅に良い方向へ、動いています。


これらは、退職している身にとって、

直接かかわる世ノ中の動きなので、

書いています。


株価の上昇も、海外投資家の割合が増加、

しているようで、

それも、短期投機家ではなく、年金ファンドとかの

長期投資団体からの買い、なので、

そうそう短期に、はげしい上下はしない、

という見通しを読みました。


僕の持っている株で、この流れにのって、

大幅に上昇している株があって、

僕自身の、基準価を超えました。


今、売るか、

上の、大きな株価上昇が、まだ続き、

年末までには、1万円も見通せる、

(今、9300円です。

今年の3月に、短期間に、

1万円、超えたことがあります)


という時期まで、待つか。


今、迷っています・・・^O^。


ところで、今日のブログ・タイトルに使った、

ブラック・フライデー、

ですが、僕は、なんのことかわかりませんでした。


ウオール・マートがブラック・マンデーに備えて、

大がかりな体制をくんでいるとか、

ブラック・マンデーを迎える、

マンハッタンの街並み、とか、

最近、この言葉が、TVのニュースなどで、

目につくようになりました。


日本では、この言葉、聞いた記憶がありません。。。

なんでも、

11月の第4木曜日の、次の金曜日のことを、

ブラック・フライデー、

というようなのです。


ブラックだから、悪いイメージかと思っていたら、

反対、です。


その金曜日から、クリスマス・セールが始まり、

サンクス・ギビングもすぐ、

ということで、

どのお店も、翌月は「黒字」になるだろう、

というおめでたい日、

なのでした。


日本の株価の上昇、

円安の進展が続いて、

(海外の経済評論家の、合理的な見方では、

少なくても10%は、円高すぎる、という

見方を聞きました)

来月は、

日本も、(僕も)、

「黒字」の月になりますように!


イケ、イケ、ブラック・フライデー!






ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 中国vs日本

 ブラックフライデーにそんないい意味があるとは知りませんでした。
 中国と日本を比べるとまだまだ内需では中国は相当伸びるのではないでしょうか?でも実態は闇とまでは言いませんがあまり判らないのでは?
 日本はもう伸びる可能性はないのではと迄思っています。年収200万以下が相当増えてきているし我々と同じ高齢者も増える一方で政治はタックス・イーターのパラサイト集団の集まりと化しているので。選挙で政権が変わり日本をよい方に導いて好転させて欲しいものです。
 でも民主が消えて自民へなっても又蛸足では円安へはなるとしてもそう明るい展望はないのではと度素人の私は思っています。

中国経済の真実

中国経済の実態はどうなっているのか?

中国当局が発表する経済指標は??なので、単純に鵜呑みにするわけにはいきません。

中国経済の崩壊は近い、と言われながら、2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博を過ぎても、崩壊は表面化せず、ただし、経済の減速だけが報道されてきました。

ソフトランディングで済むのか?ハードランディングせざるを得ないのか?

今年10月、中国は5年に一度の最高首脳の交代時期で、統計数字はお化粧の匂いがプンプンしています。

中国では労働争議が頻発し、上海はじめ、過剰な不動産投資で建設されたコンドミニアムは空室が溢れ、富裕層の資産の海外持ち出しが急増しているようです。

中国は少子高齢化が急速に進み、特に一人っ子政策の後遺症は今後甚大な悪影響をもたらすことでしょう。

いくつかのシンクタンクが中国当局の発表統計を信じて、「中国経済 速やかに回復途上」なんて言ってますが、下記WEBサイトにあるように、懐疑的に見た方が賢明なように思います。

http://news.livedoor.com/article/detail/7090173/

中国とはもう比較にならない時代・・・Re:  中国vs日本

トマックスさん、

>  ブラックフライデーにそんないい意味があるとは知りませんでした。
今日も日本の新聞などを見ましたが、アメリカのクリスマス商戦が
始まった、というニュースは書いても、ブラック・フライデーという
言葉は、どのメディアも使わないようですね。

>  中国と日本を比べるとまだまだ内需では中国は相当伸びるのではないでしょうか?でも実態は闇とまでは言いませんがあまり判らないのでは?
実態は、わからない、とはいうものの、確実に中国の内需は強そうで、
なかなか、経済の破綻、とかはおこらないのかも、知れません。
中国の不動産バブル、言われてから2年も3年もなるのでは
ないでしょうか・・・。
北京には、1億円以上の(年収?資産?)金持ちが
16万人、いるそうです。
銀座の高級時計・宝石店では、中国からの観光客が激減して
大問題だと。。。彼らが来ると、平均して何百万、
その店の目玉商品の、1個1000万円もする時計、
中国人が、買ってくれるのだそうです・・・。

>  日本はもう伸びる可能性はないのではと迄思っています。年収200万以下が相当増えてきているし我々と同じ高齢者も増える一方で

年収200万円以下、増加しているんですか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
厚生労働省が15日発表した賃金構造基本統計調査によると、
今年の大卒初任給は平均19万9600円で、前年より1.2%減った。
 高卒は同0.9%増の15万7900円だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昇給も、ますます低くなっているんでしょうね。

Re: 中国経済の真実

今居さん、
コメント、ありがとうございました。

> 中国経済の実態はどうなっているのか?

いろいろな危惧が言われて、それがすべて当たっていそうなんですが、

なかなか、そういう状況が、あきらかにならない、

というのも、実態です。

ソ連なんかに比べて、はるかかに中国共産党の管理が

優れているからなのでしょうか。

しかも、このインターネットの時代なのに・・・。

中国を研究している人は、面白さも、

佳境に入っているのではないでしょうか。


これからも、一番、気になる国ですね。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる