2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/10/13

決死の激痛ゴルフ、18ホール貫徹!


ほんとうに、水曜日の朝には、腰の調子が良くなって

いたんです。

軽く、ヒネル、ネジルを試しても、腰に痛みを感じることもなく、

練習用のアイアンを庭で振ってみても、大丈夫だったんです。


それで、木曜日、パインに行くことに決めました。

50%の力でスイングすれば、問題ないだろう、

という想定でした。


月曜には、ウインザーに行くよ、という口約束を

妻のゴイにしていて、

彼女も熱心に練習していたり、だったので、

(ベスト・スコアの105を上回りたい、

あわよくば、100を切りたい、という素朴な

望みが分からないではありませんし・・・)

木曜日になったものの、

今週、一度はプレーをさせてやりたかった、

という思いがありました。


さて、朝、そう決めてから、準備をして、

出かけたのが、10時半を過ぎており、

スタートは11時半。


一番ホール。

十分にストレッチをして、

50%以下の力で、素振りをして、

痛みなく、これなら大丈夫、

と、最初のスイング!


アアーッ、と悲鳴をあげたくなるような、

激しい痛みの電流が、

腰とお尻を突き抜けました!


50%だけのちからで、軽~くスイングしよう、

と意識では思っていても、

実際の身体は、痛みのないときのスイングを覚えて

いたのでしょうか、

かなり力の入ったスイングになってしまっていたのです。


打ち終わった瞬間、クラブで身体を支えるのが

精一杯で、

そのままじっとしていること、数秒間。


なにが起こったか、キャディさんにも、わかりません。

ティーを拾おうと、腰をかがめると、

また激痛がやってきます。

あぶら汗をかくような、僕の表情に、キャディさんも

異変に気が付いたようです。


妻のゴイは、女性の赤ティ・グランドで、最初のドライバーを

振りました。

どうやら、幸先良い、ナイス・ショットのようです。


そろそろと歩きながら、近づいてきたゴイに、

腰がダメダ、と告げました。


ほんとうに、最悪だ、と。。。


じゃ、止める?


その表情をみて、心底心配してくれている様子なので、

イヤ、、、ゴルフにはならないけれど、続ける、

と宣言。

最初のティ・ショットは、恐れずに振ったせいか、

200ヤードは飛んでいました。

(これが、今日の最長距離となりました)。

180ヤードほど、残っていましたが、

痛みがあり、アイアンも、4時-8時しか振れません。

7番アイアンで、30ヤードきざみ、ごろごろと、

パー4を7オンです。

次のホールでも、ティ・ショットはドライバーを

持ちましたが、触るだけのスイングなので、

100ヤードしか、行きません。

パー4を8オンです。


時間を過ぎて、痛みが減るのを待つと同時に、

こんな状態でも、少しでも距離のでる打ち方を

探ろう、という気持ちでプレーを続けることに

決めました。。。

9ホール、終わったところで、スコアは70。

(今日は、ゴルフにならないんだから、スコアは

付けなくてもいいんじゃない、というゴイに、

こういう状況だから、あえて付けたいんだ、

という僕。

スコアでも残さないなら、続けられない、

というのが気持ちです)

ここで、止めても良かったんですが、

おしまいの方で、片手打ちをすれば、

痛みが走らない、ということを発見したので、

なんとか18ホール持たせられそうだ、

という気になっていました。


これが、サラリーマンとして仕事をもっていた時なら、

こんなバカな無理はしていないなぁ、という考えが

よぎりましたネ。

なんといっても、仕事の穴はあけられない、という

責任感があったでしょうから。


しかし、退職後の今は、なんにも縛るものがありません。

これが、最後のゴルフになるかもしれないけれど、

それでも、今日を全うしよう、

という気持ちの方が、勝ちました。

それで、結局、18ホールを貫徹。



ゴイは元気なプレーです。
145Y、パー3。
5Wで、グリーン奥のバンカーへ。
バンカー・ショットもgoodでした。




激痛ゴルフ、片手打ちショットです。
130Yから150Y真っ直ぐ飛んでくれます。
こんなにまでしてやったゴルフ、
バカげているでしょうが、記録しておきたくて
アップロードしました。


後半9ホールは、ゴイと夕食のレストランの支払いを

賭けてのプレーとなり、

僕が60、ゴイが61で、

僕の勝!

^O^



20121011isaan1
最近、よく行く、ラムカムヘン・ソイ・112を入って
すぐにあるイサーン料理屋さんです。
メニューは英語表記もありますが、日本語がありません。
日本語表記してあげようか、って言っています。


20121011isaan2
ケガや病気のときほど、家族のありがたみを
感じることはありませんね。
ほんとうに結婚していて、良かったと思う時です。





明日の、腰の調子が、

心底恐ろしい、

一日となりました。





ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 ゴルフの為なら・・・、本望!

 心底ゴルフを愛しているんですね。どうか今日明日の為に無理をしないで
ずーっとずーっといつまでも楽しめるようなゴルフをどうぞ!ゴイさんの為にも!

いけませんよ・・・

いやぁ~、凄まじいとしか表現できない根性を見せて頂きました。

しかし、9Pさん、いけませんよぉ~あんまり無理しちゃ・・・

もう、怪我は完治しない年齢(勿論、小生も)ですので、痛みがあるときは無理をしないに限ります。

その後、ブログが更新されていないので、入院でも・・・と心配しておりますが、大丈夫でしょうか。

まとまりのないコメント、失礼しました。

完治しない年齢・・・Re: いけませんよ・・・

のりさん、

ご心配おかけしました。
無茶、ですよね。わかっていて、やってしまいます。

> もう、怪我は完治しない年齢(勿論、小生も)ですので、痛みがあるときは無理をしないに限ります。
これを、もっと重要視して、行動します。
実は、1年前に、右ひざを故障して、正座できなくなり、
いつもだったら回復するのに、なかなか戻りません。
最近、ようやく軽~く座れるようになってきたのですが・・・。
これからは、大けがをすると、「完治」はしない、
「完治」しないと大変なのだ、ということを肝に銘じて
行動することにします。
ありがとうございました。


Re:  ゴルフの為なら・・・、本望!

トマックスさん、

ゴルフはいろいろな愉しみ方があって、
いつまでも楽しめる、
なかなかにうまくできたゲーム(娯楽)だと思っています。
今回は、少し、無理しすぎたようだと、今、反省しています。
(もっとも、日本へ一時帰国しなければ、またやってしまうかも
しれませんが・・・^O^)
温かなお言葉をありがとうございました。


>  心底ゴルフを愛しているんですね。どうか今日明日の為に無理をしないで
> ずーっとずーっといつまでも楽しめるようなゴルフをどうぞ!ゴイさんの為にも!
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる