2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/08/18

プー・キオ、バーン・タートで母の日



妻のゴイの実家、チャイヤプーム、プー・キオ、バーン・タートで

母の日を迎えました。

取り立てて、大げさな行事は無いのですが、

ゴイの大学が金曜日から火曜日まで、キャンパスに行かずに済む、

ロング・バケーションになることもあって、

田舎に行ってみることにしたのです。


実家には、バンコクに働きに出ている実の妹の娘が二人、

ゴイにとっては姪のあたる子供たちがいます。

母親と一緒に帰省する予定だったのですが、

急に都合がつかなくなり、

叔母にあたるゴイと僕が、姪たちを見に帰る、

という形になりました。


田舎での二日目は、子供たちを、ナショナル・パークの

滝遊びに連れていこう、というのが、当初のゴイの予定

でしたが、

叔母から、

雨季だから、水は冷たいかもしれない、

子供たちは、近所の子供と一緒に遊びたいので、

滝に行くなら、みんな連れて行った方が良いけど、

ちょっと心配ごとが増えるよね、、、

などという意見が出て、

あまり大ごとをする気はないので、中止。


その代りに、プー・キオから少し先の、チュン・ペーという

町にあるロータスへ、買い物やら遊びやらで、

出かけることに予定を変更。


姪っ子に話すと、すぐ、「行きたい」という返事。

そして、すぶに、よそ行きの衣類に着替える、

すばやさ。

車で、30分ほどかかる場所なので、

ひんぱんに、ロータスに行く、ということもないのでしょう。


祖母からは、特別の買い物も頼まれて、

チュン・ペーの町へ出かけることなりました。

午前、9時半に出て、

1時に戻ってきました。


20120812chunpae1
どこでも、子供は同じ。
妹も方です。


20120812chunpae2
姉。
2歳違いですが、衣類など、同じものでなければ、
奪い合って、たいへんな争いになるそうで・・・。

20120812chunpae3
いろんなゲームを、やってみたくて
しょうがないんです。



家で、昼ごはんを食べたあと、

のんびり、田舎の昼寝を、

楽しみました。



20120812daysleep2
ハンモックに3人。
椅子とテーブルに二人。
ハンモックに3人?
赤と緑のタータンチェックの袋のなかに、
1歳の子供がねているんです。


20120812daysleep1
姪の妹の方です。


20120812daysleep3
ビールも飲んだし、申し分のないまどろみ。。。
1時間も寝ていたそうな。
^O^



夕方は、散歩。

祖母が、ほぼ毎日通っている、地元の唯一のお寺です。


20120812temple1



20120812temple2



20120812temple3



20120812temple4



20120812temple5




田舎では、お寺のそばに、村共有の池があるものだ、

というゴイの説明を受けながら、

バーン・タートの村営池へ。


20120812pond1


20120812pond2


ご多聞に漏れず、この池は、子供たちの格好の

遊び場で、

遊泳禁止と言われても、みんな遊びたがるのだ、

ということです。

そして、何年かに一度が、運悪く、亡くなってしまう、

子供が出る、

というのも、どこにもある話だったり・・・。



夕食には、これもバンコクの大学に通っている、

実家を取り仕切っている叔母の三男が戻って来ていて、

彼はとびきりの料理上手なので、

何種類ものタイ料理を、しかも大量に作ってくれました。

叔母の二男は、地元で結婚していて、

300メートルほど離れたところに住んで、

農家をしています。

その家族も加わって、にぎやかで、楽しい夕食となりました。


食事の後、祖母と祖父の前にみんなが座って、

ソンクランの時と似たような、儀式を行いました。

お祈りに言葉をかけながら、ひとり一人の手首に、

白い糸を結んでくれるのです。


あとで、ゴイに訊くと、

僕には、祖母からで、

タイ語は話せないけれど、もう深い親類の一人になった、

将来の健康と幸せを祈ります、

という言葉だった、そうです。



感謝。




ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング


pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

Chum Phae

チュンペー、 懐かしい! 思わず地図を見返してしまいました。初めてタイをドライブ旅行し、スコータイからノンカイに向かう途中、ピッサヌロークからの山越えを終えて一息ついたのがチュンペーでした。雑貨屋の軒先でコーヒーを飲み、地図を指さして「ここはチュンペーか?」って聞いただけなんですけどね。(そこから、コ-ンケーンには向かわず、228号線に左折して北上しました。)あの小さな町にもロータスがあるんですね。 

 田舎、実家はいいですね。

 奥さんの田舎、実家でゆっくりとするのはいいでしょうね。
私も田舎へユックリ行ってみたいものです。
もうすっかり家族の一員として扱って貰って最高ですね。
 子供の遊ぶ笑顔が一番です。コンド住まいだと皆さん
まだ仕事に一生懸命だと見えて若い人が多いのですが
小さな子を見る機会が少ないのでちょっぴり残念です。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる