2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/08/09

今日、チャイヤプームに出発します。


妻のゴイは、バンコク市中の大学に行くために、

早い日は、朝の6時に家を出ます。

ということは、5時くらいから起きて、準備をすることに

なります。

1週間に、2回だけなんですが、それが今日の木曜日。

家からバス停まで、朝早いときは車で送っていくので、

(8時に家を出るときなどは、ひとりで自転車で行きますが)

僕も、朝早い起床につきあうことになります。

もっとも、年齢のためでしょう、

早起きに苦労はしないのですが。。。


ところが、昨日は、、、というより昨日の深夜から今朝にかけて、

女子レスリングの、48Kg級と63Kg級の、

オリンピック決勝が中継されていたので、

これを見逃すわけにはいかず、結局朝の3時半まで、

インターネットYoutube中継にかじりつくことに

なってしまいました。


でも、しっかり待っていた価値がありました。

小原選手も、伊調選手も、みごとな試合ぶりで、

いままでの、あと一歩が届かない、という、

見ているファンのやきもき感を、みごとに払拭してくれる

試合でした。

すばらしかった。


この日の前は、男子サッカーがメキシコに敗れ、

女子卓球が、中国に敗れる、ということが続いて、

(僕と同じように)がっかりされていた人も、

これで気持ちがすっきりしたのではないでしょうか。


ただし、女子卓球は、準決勝のシンガポール戦で、

思いっきりファンを魅了してくれたので、

今回は、決勝での金はなくとも、満足感が一杯です。


男子のサッカーでは、選手をつなぐ精神の何かが

崩れると(それは、自信を失わせるような事象が

引き金になるのですが)、全員のプレーが精細を欠く

ようになり、バラバラなる。。。球際の今一歩が弱くなり、

他人をあてにするような、行動に緩慢さがでてしまう、

という恐ろしい現象を見た、ような気がしました。

今回のオリンピックでは、準決勝で初めての失点を

許す、ということがそのきっかけだったと思うのですが、

あまり出来すぎで来たことが、思わぬ落とし穴になるんだ、

ということを知りました。


選手全員、今までのプレーが出来なかった、その原因も

分かっているようですから、

3位決定戦の韓国との戦いは、死闘になるのではないかと、

いまからどきどきしますね。




さて、今日は、ゴイの授業が2時まで。

それから急いで家に帰って、

夕方には、コラートのホテルに向かいます。


荷物は、大体僕が、昼の間に、

車に積み込み終わりましたので、

あとは帰ってきて、一休みし、

出発です。


ということで、僕としては寝不足のまま、

けっこう忙しく過ごしていました。

今、眠い、です。

長時間の運転が始まりますから、

すこし寝ておこうと、思います。


今回の無事な旅行が出来ますように、

今、お祈りしました。

^O^



追記:

昨日の水曜日は、サナゴーンのゴルフ仲間と、

急遽タノンでゴルフをすることになりました。

僕が、今週の金曜日にバンコクに居ないので、

その埋め合わせため、という感じです。


急に決めたので、スタート時間が12時。

18ホール終わったのが5時です。

帰りが、ラッシュ時間になってしまいました。

いつもは、こんな時間になると、

ゴルフ場近くのレストランで食事をし、

時間を埋めあわせるのですが、

(タイ人ですから、実にいろんな場所でおいしい料理を

提供してくれるレストランを知っています)、

今日は、Vさんが友人たちと会う約束があり、

ゴルフを一緒にしたNさんと、僕も参加することに、

自動的になってしまったのです。

それは、シーナカリンの先っぽ、というか

バンナー通りに近い方まで行ったところにある、

A‘Naanというシーフード・レストラン。

なんと、着いたのが8時になっていました。


どんな友人たちなのか、40代から60代までの

いわくありげな風体のタイ人が5人。

Vさんが着くまで、飲み物だけで、

食事は出ていなかったので、

Vさんが主賓格、だということのようでした。

見かけによらず、、、というより、あれが見かけ通り

なのかもしれない、と思い直した方がいいのかも

しれませんが、

実に多彩な能力のある人たちで、特にカラオケでは

お店全体を楽しく、盛り上げらせる天性のものが

ある人たちがそろっていました。

思うに、タイ人って、本当にカラオケが好きですねぇ。


最近、誘われることが無くなって安心していたのですが、

今日は、そうは言っていられなくなってしまいました。

というのは、5人中、3人が日本語をカタコト話すのです。

そして、僕に、どんどん日本語で話しかけてくるのです。


それにしても、皆さん、英語の難しい歌を、なんなく、

楽しんで、歌っていました。

楽器を操作し、ダンスで間を取り、飽きさせません。

50歳になるPさんが、秘書の若い女性を連れてきて

いましたが、なんとこの女性も、選んだ歌が、

「グッバイ・マイ・ラブ」と、もう一曲、これも

日本の歌で、もっと最近のものです。

彼女も、今日は、テーブルに日本人がいる、ということで、

日本の歌を、選んだのだと、思います。

すごいなぁ、と思いました。


感謝。





ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 ご安全に!

 ゴイさんの通学も毎日ではないといえ本当に大変ですね。
 オリンピック、私は結果しか見なかったのですが
まあまあメダルも金が少ないとは言え沢山獲得できて良かったですね。
 ゴルフが出来るほどのタイ人は裕福で教養もあるので
人付き合いも上手にそつなくこなし何でも来いでしょうね。
 私は土・日とお寺巡りのタイ人のバス・ツァーに参加して来ました。
一日のツァーで朝7~8時出発でお寺巡りをして夜の9~23時に戻る
結構ハードな日本人にすれば体力勝負の旅行です。
ツァー料金が平均500バーツで老若男女の皆さん結構楽しんでいるようです。
勿論日本人は私一人でカメラを持って楽しんで来ました。
 道路事情は悪くないでしょうがバスツァーで皆さんの運転を見ました。
ドライブ旅行、どうぞご安全に!
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる