2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/08/01

タイ海外居住者として



僕は、自分のことを、「タイ海外居住者」と呼びます。

面倒なので、ロングステイと言ってしまうこともありますが、

タイ人と結婚したために、単なるロングステイヤーとは、

思いが違うことがあるでしょう。

僕のイメージとしては、ロングステイというのは、

やはり旅行の延長で、一回当たりの滞在期間が数か月に

及ぶもの。

しかし、生活の拠点は、住宅も含め、日本にある。


思いの違い、という点では、例えばロングステイ先の

タイの経済成長がどうなろうとも関心はない。。。

むしろ、経済成長などしないで、現在のままの物価、

現在のままのシステムの方が、

たとえば年金生活者などには喜ばれるのではないでしょうか。


ところが、タイ人との家庭を持つ海外居住者は、

家族のために、やはりタイとして経済発展してほしい、

タイ人の収入が増え、社会システムがもっと民主的に

なってほしい、と願うことになります。


そんな気分でいる僕にとって、興味のある記事が2件。

紹介します。


日系企業のタイ投資、申請額2.4倍に 1~6月、洪水でも加速

タイの将来性は、アセアン諸国の中でも、低いよ、

という雰囲気が、最近、身の回りであるのですが、

まぁ、20年も先のことはわからないとして、

確実に予測できる近未来においては、

やはりタイは投資する国にとって、

価値のある国と言えるでしょう。


最近、ミャンマーへの投資が、超人気、

すごいぞ、という声を聞くのですが、

先行人気としては理解できますし、

投資調査団も加熱気味でしょうが、

実際に決定された、投資起業、投資額、将来計画、

というのは、本当に存在するのでしょうか?

法の整備、社会インフラの拡充、などなど必要で、

簡単に企業が進出できるものではないと

思うのですが。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「裾野産業が発達したタイ、
内需の大きいインドネシア両国の魅力が突出している」

(三井物産の山内卓アジア・大洋州本部長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中国からシフト!? 台頭するASEANに注目!
なかでもタイは投資の最有力候補だ!

中身は、タイの有力株をお勧めします、
という株の話なのですが、
こういうチャートが紹介されています。

20120801aseandata


日本に帰国しているとき、TVで、

Cool Japan 海外戦略、

という番組を見ました。


フランスでJapan Expo という催しが行われ、

参加団体600という賑わいだった、という紹介から

始まります。

このExpoは、

日本政府の主催ではなく、フランスの民間団体(それもオタクっぽい?)

によるもので、今年で、15回目。

アニメやマンガから始まって、キャラクター、グッズ、

伝統工芸、料理、旅行をビジネスとする団体が参加しています。

参加団体(ブース)600の中で日本企業・団体は100しかなく、

他は、中国、韓国、etc。 

日本ブームなのですが、日本製でなくても、

「日本風」だけで大人気なのだと言います。


なにやら、タイの日本もどきレストランの、

日本もどき食品の、氾濫をほうふつとさせます。


Cool Japan 海外戦略というのは、

この日本文化に対する人気を、もっとビジネスに

直結させるように、政府が後押ししよう、

という動きなのです。


まぁ、韓国のK-Popや、韓国ドラマを売って、

韓国そのもののブランド・イメージを高め、

韓国商品をもっと買ってもらおう、

という戦略の、

後追い、日本版、なのですが、

日本政府が、恥も外聞も捨て、

韓国に見習おう、

という態度は、買います。

とにかく、日本の動きは、遅すぎますが・・・。


ところで、このCool Japan 海外戦略、

アジアでは、まずASEANという市場になりますが、

枝野大臣の考えている、その優先度は、

① インドネシア : とにかく今、買って欲しい。

② シンガポール : ASEAN諸国へメッセージを送れる国

③ ミャンマー  : 超親日国で、ポテンシャル大

だそうです。


おっと、タイが入っていませんね。。。

タイは、すでに日本が十分浸透している、から・・・?


タイでは、どうして日本の小売流通(すなわち、デパートとか

大型スーパー)が、

成功できず、撤退してしまったのでしょう?


ちょっと、不思議で、

わかりません。。。







ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 海外居住者というよりもうすっかりタハイカラなタイ人?に
なりきっていると思いますがやはりまだ日本人の気持ちを
捨てきれないのでしょうか?奥さんもタイ人ですから
そろそろ気持ちもタイ人になりきってもいいと思われますが・・・。
 私はタイに住ませて貰っていると思っていますが家族の居る
日本よりこちらの生活の方が好きです。尤も今のところコンドの部屋に
篭りっきりで朝の散歩と用事があるとき以外はあまり外へは出ませんが・・・。
 タイ語で毎日を過ごすなんて惚けているのかと自分でも心配することも
ありますがある日突然を目指してやっております。
 タイ経済の行方は私の理解外ですが只賃金が安いだけで工場を移すよりも
ある程度社会的インフラも揃っているし、人々の勤勉さ?も日本の工場が
移転してくる原因なのでは?インドの例もあるようにストや停電で工場が止まっては・・・。
 クール・ジャパンもありがたい助っ人でしょうが日本人がもっと海外へ物を売る戦略で
物造りをしなければ日本の明日は暗くなる一方ではないかと危惧しています。

タイ語、ある日目が覚めるように開花します

トマックスさん、

> そろそろ気持ちもタイ人になりきってもいいと思われますが・・・。
>  私はタイに住ませて貰っていると思っていますが家族の居る
> 日本よりこちらの生活の方が好きです。

タイ語を勉強しないから、タイ人になりきることが難しい・・・
のかもしれません。まだ、タイ語の学習を諦めきったわけでは
ないのですが。タイ人のゴルフ仲間に、まだタイ語が話せないのか、、、
とあきれた目で見られるようになっていますので・・・反省。
きっと、トマックスさんの行き方が、タイでの生活を満喫できる
王道であろうと思っています。まず、タイ語をマスターする、
ということ。どの語学もそうでしょうが、あるレベルを超えるまで
階段の踊り場状態があり、その壁を超えると一挙に次の高次元の
レベルに入る、そういうことだろうと思います。
ある日、突然、タイ人と自然に話せる自分を発見する、って
すごいスリルですね。


>  クール・ジャパンもありがたい助っ人でしょうが日本人がもっと海外へ物を売る戦略で
> 物造りをしなければ日本の明日は暗くなる一方ではないかと危惧しています。
同感です。
そのためには、もっとそれぞれの国、グローバルな需要、グローバルな競争ルール、
などを知らなければなりません。
海外へ出て行きたくなくなった若い日本の世代に、
それを期待するのは、無理かもしれませんが・・・その努力が足りないのではないか
と感じます。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる