2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/06/20

USオープン、ジャック・ウェルチのゴルフ


6月に入って、ゴルフがあまり出来ていない。

いろいろなことがあって、出来ない、ということなのだけれど、

ゴルフをすろことが、健康のバロメーターのようなものなので、

これはあまりよろしくない、傾向である。

5月後半は、23日に今年のベストの80が出て、

2週間後の80を含め、

5月半ばからの平均スコアが82になって、

パットが安定し、

いよいよ楽しめそうになってきていたのですが・・・。




自分がゴルフをできないので、ネットTVで、ゴルフ観戦を

してしまった。

6月7日からサンフランシスコで開催されたUSオープンである。

初日に石川遼選手が大健闘だったこともあり、

4日間、見通してしまった。

ネットTVは、freefootballという、以前にも紹介した

世界のメージャーなスポーツの実況を提供している

サイト。

スパムのようなコマーシャルに悩まされたり、

実際に提供していないガセのチャネルがあったりで、

視聴できるチャネルに行きあたるまで、

手間がかかったりするが、

つながってしまえば、結構楽しめるのである。

初日、二日は、参加選手が150人近くもいるのか、

放送時間は、タイの夜12時ころから始まり、

朝8、9時まで放送された。

打ち切りが、ないのが良い。

最終組がスタートするのが、朝の3時とか4時になる。


これを視聴するとは、12時から2時間ほど見て、

ひと眠りして、

また4時ごろから見る、

と言う風になってしまう。

当然、寝不足になるので、翌日の午前中は、

ほぼまともなことが出来ない。。。

こんな4日間を過ごしてしまった。


そして、USオープン。

26歳のウェッブ・シンプソンが、逆転で、

メジャー初タイトルだ。

これで、10回連続でメジャー大会は、

初めてのタイトル・ホールダーの手に渡った、

ということになるのだそうだ。


そういう、新しいスターの誕生もうれしいが、

自分のようになると、

ベテランが活躍してくれる方が、面白いの。。。


タイガー・ウッズは、ニクラウスの持つ16個の

メジャー・タイトル・ホールダーの記録を

塗り替えようとしているのだが、

スキャンダル、スィング改造、キャディの変更、けが、

などなどで、ここのところメジャーで勝てていない。


そして、この大会は予選2日を終わって、首位タイ、

多くの人が、彼のメジャー15回めの勝利を期待、

したのではないだろうか。

ところが、3日目に、崩れてしまう。


中継をずっと見ていないとわからないだろうが、

3日目は、少し天候不順だった。

そして、彼が1番ティ・グランドに立った時、

天候はその日最悪の状態になったしまった。

雨は降らなかったが、

うすい霧が横殴りにゴルフ場を吹き抜ける、

気温も低い、

まぁ、その程度なのだが、

ウッズの心理に影響しなかったはずは無い、

と思う。

1番ボギー・スタートで、前半で4つもボギーを

叩いてしまうのだから。


いずれにしても、USオープン、コース設定が

難しすぎる。。。のだろうか。

終わってみれば、

TV観戦していて、プロの技に、

わくわくするような場面が少なく、

悪戦苦闘している姿を見続けることになる。

考えていると、気晴らしになって、いない。

まぁ、前に上がっていた選手が、

後続の選手の自滅を待って、優勝が決まる、

そういう展開も、

USオープンならではなのだろうが、

あまり、楽しめなかった。


ところで、今、ジャック・ウェルチを読んでいます。

ノエル・M・テイシー著「GE革命」(1994)から、

ジャック・ウェルチ自著「わが経営」上・下(2001)、

です。

彼がGEの会長を退いたのが2001年で、

20世紀最大の経営者、という名声を得ていました。

GEの経営革命が、21世紀の企業の在りかたを示す、

という評論家の意見もあったでしょう。

今、読んでも、かなりの内容です。

これが、出来たら、企業は、勝ち組になるでしょう。

しかし、かなり難易度が高い。

ジャック・ウェルチ自身、血みどろの20年をかけて、

GEを再製し、

生まれ変わらせたけれども、

終わりのない革新が必要だ、と言っているのですから。

「再製」という言葉を使いましたが、

その言葉が、ぴったりの、GE革命だったと思います。


そのジャック・ウェルチの最大の趣味が、ゴルフです。

9歳からゴルフを始めています。

彼の父親の勧められたから、だといいます。

といっても、父親は鉄道の車掌だった人ですから、

お金があったわけではありません。

ゴルフをやるために、キャディの仕事をしなさい、

ということなのです。

ジャック・ウェルチはスポーツ・マンで、

野球、フットボール、アイス・ホッケー、ゴルフと、

中学、高校、大学を通して、選手であり、

キャプテンを務めるクラブも多かったのですが、

年齢が重なるにつれ、

次々に限界をさとるようになり、

最後に残ったのが、「一生続けられる」スポーツ、

ゴルフだった、といいます。


「ほとんど独習プレーヤーだった」彼は、

ずっとハンディが10そこそこのプレーヤーだった。

それが、第二の結婚で妻となったジェーンにゴルフを

教えるうちに、自分自身もどんどん上達した、

生まれて初めて自分のスイングを分析するようになり、

その動きを細かく勉強できた、と言います。

スイングが良くなったおかげで、後半のバテも

なくなり、スコアもあがって、ますますゴルフが

楽しくなります。

今までは、クラブ・トーナメントで優勝したことはなく、

いつも2、3回戦で敗退していたのが、

1992年、休暇中の10日間連続して36ホールを

まわり、ハンディを2までにして、選手権で初優勝、

2年後も優勝、

というまでの腕前になった。

ちなみに、妻のジェーンさんの方ですが、

ゴルフはまったくの初心者だったのにもかかわらず、

その上達ぶりは、ものすごく、

彼女の方は、5回連続、選手権優勝しているのだそうです。

ジェーンさんが、すばらしいゴルファーだったので、

ジャック・ウェルチに好影響を与えたのか、

ジャック・ウェルチが天性の、教え上手だったか、

どちらでしょうか。。。


おもしろいエピソードを語っています。

あるコンペで、ウォレン・バフェットとビル・ゲイツと

一緒になったときのこと、

第一ホールでバフェットがパットを沈めてパーをもぎ取ると、

「やられた!このラウンドは終わりかー」とゲイツが叫ぶ。

「そりゃ、いったい、どういうことだ」と、

訳のわからないウェルチが訊きます。

ゲイツが言うには、バフェットとの賭けがあって、

最初にパーを取った方が、1ドル、

9ホール回って双方パーが無ければ、

スコアの良い方が、1ドル、

という賭けだった。。。

世界でもっとも裕福な二人が、

1ドルかけて、

競争している、

愉快な、エピソードですね。



世の中は、楽しむために、ある。

感謝。



ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 楽しまなくっちゃーですね。

 世の中楽しむためにある。私もそう思っています。
現役時代は制約された仕事の為ゴルフとはまったく関係なし。
こちらへ来てからはじめようと思っていたんですが
タイ語に捉まってしまい、タイ語ばっかりです。
まあ、多少は上達しているのでそのうちに
あっちこっちへ写真を撮りに出掛ける心算です。
 ジャック・ウェルチのいい話。そして大富豪の1ドルを
賭けてのゴルフ、金額ではないんですよね。
 何でも楽しまなくっちゃーと思っていながらも
今は朝の散歩でソイの中へ入っての街探訪のみ。
本当にピンからキリまでのタイ人の世界,興味津々です。

Re:  楽しまなくっちゃーですね。

トマックスさん、

>  世の中楽しむためにある。私もそう思っています。
歳をとるほどに、こう思って、生きたいですね。

> あっちこっちへ写真を撮りに出掛ける心算です。
それは楽しみですね。
もう、すぐ、ですね。

>  ジャック・ウェルチのいい話。そして大富豪の1ドルを
> 賭けてのゴルフ、金額ではないんですよね。
くすり、と笑ってしまいました。

> 今は朝の散歩でソイの中へ入っての街探訪のみ。
> 本当にピンからキリまでのタイ人の世界,興味津々です。
私はまだ、キリの方の世界に近づいていません。。。
それはそれで、のんびり、してますか?
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる