2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/06/14

タイ 結婚ビザ(日本人夫、タイ人妻)の申請手続き

いよいよ結婚ビザの申請をしようと思い、

インターネットでタイ・イミグレーションのサイトを見たのですが、

このサイト、全体的に、詳しい説明がなく、

以前より内容が粗雑になったような気がするのですが、

どうでしょうか。


いずれにしろ、このサイトからは、特に「結婚ビザ」に関する

情報を得ることが出来ませんでした。


他に、「タイ結婚ビザ」などのキーワードで検索しても、

あまり最近の情報は、ありません。

リタイヤメント・ビザやロングステイ・ビザに関しては、

結構多いのですが・・・。

そして「結婚ビザ」は、リタイヤメント・ビザに比べて

提出書類も多く、より複雑なようなのです。


ということで、今回経験したことをブログに書きおくことに

しました。

どなたかの参考になれば、と思いながら・・・。


定かな情報がないので、6月11日、月曜日、

90日滞在レポートを出すついでに、

イミグレーションで直接、申請手続きを聞くことにしました。

1.申請書 (TM 7)
2.写真 1枚(4x6cm) 申請書に貼るものです。
3.パスポート 原本とコピー 顔写真、現ビザ、入国、
     出国カードのページ
4.結婚証明書 原本とコピー これが曲者です。
    Registration of Marriage(Form Khor
    Ror2)、Certificate of Marriage
    (Form KhorRor3)。
これは大体の人が問題なく手元に持っている
    種類で、原本とコピーが必要です。
    これに加えて、結婚登録したときに提出した
    「独身証明書」が必要です。
    これは、結婚登録したタイの役所に行って、
    そのコピーをもらってくるように、
    と言われました。
5.タイ人配偶者のIDカード、原本とコピー
6.タイ人配偶者の住民登録証、 原本証とコピー
7.預金通帳(40万バーツ以上の預金) 
    (あるいは 月4万バーツの収入証明書)
     私の場合は、預金通帳で、原本とすべての
     ページのコピーを提出。
     (ある方の情報で、この預金は「普通預金」
     でなければならない、とありましたが、
     私の場合は「定期預金」通帳でOKでした)
8.7の銀行発行残高証明書 原本
    (銀行によって、証明書発行が翌日回しになる
     ところがあります。
     バンコク銀行の本店であれば、即日発行、
     支店は翌日。
     私の場合は、SCBのサマゴーン支店で翌日発行
     でした。
     また、イミグレでは、通帳の最終記帳日が
     申請日当日であることを求める場合があります
     ので、注意が必要です。
     残高証明日と通帳記帳日の一致が最低、望ましい
     でしょう。
     SCBの場合、トランズアクションがないと、
     記帳されないので記帳だけの目的で1000バーツ
     預金することになってしまいました)
9.自宅の写真 表2枚、内部2枚、ともに居住者
     (私の場合夫婦)が写真に写っていること。
10.自宅の地図  手書き
11.もし子供がいる場合は、出生証明書と
     その住民登録証
12.イミグレーション・オフィサーへの
     リタイヤメント・ビザ廃止の申請と
     なぜ結婚ビザが必要かの理由を書いた、
     レターが求められました。


  
リタイヤメント・ビザに必要なものが、1、2、3、7(80万バーツ以上)の

4点なのに比べると、かなり多いです。

それぞれの、ガイドとして渡された1枚のシートは、、

リタイヤメント・ビザのタイトルが、

“Requirements and Documents When Applying for Extension of Temporary Stay

In case of Retirement”

であるのに対し、結婚ビザの方は、

“Criteria for Consideration and Supporting Documents for Application for

Extension of Stay to Support a Thai Spouse”

とかなり構えた体裁になっています。


今分かったのは、上は、必要な種類が整っていれば、まず拒否される

ことのない手続きである一方、

下は、必要書類が整って、初めて審査して、諾否を決める、

というプロセスである、

ということでした。

主観点は、To Support a Thai Spouse、というところでしょうか。

この結婚によるビザ申請が、タイの配偶者の生活をサポートすることに

貢献するのか、どうか。


そのために、上記12番目の資料もあるし、

イミグレーション・オフィサーが、書類のチェックの後で、

我々から話を聞きながら、ふたりの関係がどうなのか、

出会いから、結婚に至るまでの経過、などを別箇の記録として

作成し、添付していました。


最初に、イミグレに行ってガイダンスを聞いたときには、

資料12の話は出ませんでした。

2回目、6月12日、本番で申請したときに、

実は、必要書類が不足していて、

それは、資料4の中の「独身証明書」だったのですが、

受け付けてもらえませんでした。

必要書類を再確認して、資料12の必要があることを、

知らされたわけでした。

「独身証明書」に関して言えば、「結婚届け」を出したときに

添付したもので、それがなければ「結婚届け」が成立しないわけですから、

「結婚証証」があれば、「独身」だったことは明白なはずで、

それを再度求められるのは、不合理としか思えない気持ちです。

もう「結婚」しているわけですから、新たに「独身証明書」を発行

できるお役所はないわけですし、

過去の、結婚専門の公機関で、すでに処理済みの資料を、

もらってこい、というのですから、

なんだか理不尽なように感じてしまいます。

イミグレは結婚届け、結婚証明証を、100%信用してない、

という態度に見えます。

結婚届けをするときに、なんらかの奥の手の手段を使って、

「独身証明」なしで、結婚している人間たちが多いのかも、

という気がしてきます。。。

いずれにしろ、僕の場合は、

再度バンラックの役所に行こう、としましたが、

思うところあって、種類包みを開けてみると、

日本大使館発行「独身証明書」のタイ・英語翻訳の

コピーを発見。

役所に行くことなく、

12項目を含めた必要な書類を整えて、

その日の午後に再度イミグレーションへ行くことが

できました。


20120612imigr1
午後2時過ぎ。
朝より、人が少ないです。


20120612imigr2
ビザ延長申請関係のLカウンター。


20120612imigr3
僕は、70番。
1時間ほどの待ちでした。


書類審査が終わり、1900バーツを支払い、

返ってきたパスポートを見ると、

滞在期限が7月10日まで、となっています。

確かめると、

今日の申請は、本格的な審査の申請であって、

今日結婚ビザが認定されるのではない、と。

1か月後の、7月10日に、審査結果をもらいに

来るように、

ということでした。

実は、僕は、7月9日から3週間日本に帰り、

運転免許の書き換えなど、行う予定だったのですが、

7月10日にタイに居なければいけない、

日本に帰ることはダメ、

と言われてしまいました。

もう、チケットは買ってしまって、いたのですが・・・。


これも、それも、結婚ビザの必要手続きが、どこにも明確に

示されていないため、

という愚痴が出てきてしまいました。


タイでは、なかなか、ものごとが、思うように運ばないこと

多いので、つらい気分になります。


それでも、今日は、申請が受理された!

というこだけを、

喜ぶべきなんでしょうね!




感謝、感謝。




ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング


pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

 7月10日に・・・・

 本当に煩雑な書類申請のようですがそれだけ偽装結婚が多いのでしょうか?
申請が受理されて7月10日に確かな結果が出るように祈っています。
 私だったらそんな面倒なことはしなくて同棲で済ませるかも知れません。
実際そんな人も多いようです。私のmixiの友達もそうで簡単にその繰り返しを
していたようですが今は帰国して、多分もう戻らないと思われます。
 尤も私には妻がいるのでそんなことは出来ませんが・・・・。
それにしても英語、タイ語ともからっきし駄目なのによく一緒に来てくれているものです。
でも最近は友達も出来て妻の方がこちらの生活を楽しんでいるようです。
私は相変わらずタイ語のあり地獄?

No title

「タイでは、なかなか、ものごとが、思うように運ばないこと多いので、つらい気分になります。」

心中、お察しします。でも、「奥様の笑顔>つらい気分」でしょう? 一歩前進ですよ。

話に聞くだけですが、タイの役所は、とにかく書類&もったいつけた手続きが大好きなんですねぇ。しかし、XXX Baht のおこづかいで、日本以上のスピード処理ができたりして。(笑)

質問

こんにちは

ひとつ教えていただきたいのですが、
私は今年の12月から来年の3月までタイに滞在したいと思っています。
タイ人女性と結婚して9年になります。
昨年は、日本のタイ大使館で9000円の手数料を払い家族ビザを取得して入国しました。
タイで取得では手数料が安いので今回は、タイのイミグレーションで取得しようと思っています。

タイで取得のネック
自分の口座に40万バーツが必要

日本でのネック
東京まで2日 行かなければいけない。
手数料が高い


そこで、管理者さんに質問

ノービザで入国してタイのイミグレで取得するのと日本のタイ大使館で取得するのでは、
どちらが効率的でしょうか?

Re:  7月10日に・・・・

トマックスさん、

>  本当に煩雑な書類申請のようですがそれだけ偽装結婚が多いのでしょうか?
そうなんでしょう、と思います。
そして、役所ではワイロをもらって承認している、という
ことなのでしょうか。
残念なことです。

> 申請が受理されて7月10日に確かな結果が出るように祈っています。
私も、祈っています。


タイのお役所仕事

ラックタイさん、

> 話に聞くだけですが、タイの役所は、とにかく書類&もったいつけた手続きが大好きなんですねぇ。しかし、XXX Baht のおこづかいで、日本以上のスピード処理ができたりして。(笑)
そうかもしれませんね。
タイは、権威主義、だと思います。
私もそのおこづかいの、出し方さえ心得ていれば、
郷に入れば郷にしたがう気持ちなのですが、
「追加の手数料がいるなら、払います」・・・などと
発言してみるのですが、うまく行きません。。。^O^

家族ビザ Re: 質問

noriさん、


> ノービザで入国してタイのイミグレで取得するのと日本のタイ大使館で取得するのでは、
> どちらが効率的でしょうか?

申し訳ありませんが、私は「家族ビザ」を取ったことがありませんので、
お答えできません。
タイのイミグレも、バンコクなのか、地方なのかで
イミグレのプロセスも違ってくるので、なおさらです。

一般論でいえば、すでに昨年日本で取得された経験が
ありますから、日本で再度取る方が、簡単だと思うのですが・・・。
手数料も、失礼ですが、9000円なら、それほどの金額でも
ないか、と・・・タイでわかない役所の担当員に引き回される
よりも、良いのではないか、と思いました。
それに、40万バーツの振込もしなくていいのでしょう?
この40万バーツは2か月とか3か月、保持しておかなければ
ならないのではないですか?4か月の滞在後、また日本に戻られる
のなら、なんだか、面倒な気がしますが・・・。

独身証明書

結婚しているのに独身証明書が必要ということで、訳が分からなくなって知らべていたら、このページが決定的な解決策を絞めしてくれました。

目から鱗です。これでタイ国内で取得出来ます。有難う御座います。

Re: 独身証明書

ワンワンさん
コメントありがとうございました。
本当にお役に立てたんですね。
うれしいです。
いつも勝手に自分の身の回りのことだけ書いているだけなので、
「公開」する意味があるのか、疑問に思い続けています。
それでも、お役にたつこともあるんんだ、と知って、
うれしかったです。
結婚ビザ、スムーズに取れますように、祈ってます。



pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる