2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/06/07

ウォーター・メーター盗難事件



バンコクに住んで、いろんなことを経験させられています。

新たな盗難事件で、

ちょっと事件が多すぎるかな、

という感じ。


6月5日火曜日、夕方からVIVAゴルフ練習場に行きました。

翌日、妻のゴイとパイン・ゴルフに行く予定で、

ゴイが事前に練習しておきたい、

ということだったのです。

家を出たのが午後7時で、もう暗くなりかけていました。

そして、かなり激しい雨が降ってきました。


さて、練習し終えて、家に帰ってみると、

異変に気づきました。

水が出ない!


練習のあとのシャワーも浴びれないので、

かなり困ります。


当然、この地区エリアで、水道の故障でもあったのだろう、

すこし待てば、回復するだろう、

と考えて、その夜は、我慢しながら、眠りにつきました。


ところが、朝になっても、水が出ません。

そんな大事故なのかなぁ、

と思いながら、ゴイと二人で、パインに向かいました。


車を運転していると、

突然ゴイが、あれは、やっぱりおかしい。

水が出ないのは、うちだけだ、と思う、

と言い出しました。


なんなの?

と訊くと、

うちの水道計が、無くなっている、気がする、

誰かが外して、

水も家に入らないようにバルブを閉めてある、

と思う、

と言うのです。


それからが、大変です。

ゴイが、水道局に電話すると、

ウォーター・メーターが盗まれることはよくある、

事情を聞けば、たぶん、そうだろう、と。

修復の手続きをするには、地元管轄の水道局に

連絡しなけれならない、

そうすれば必要な書類や手続きを教えてくれる、

という話です。

ええ~、こんな緊急なときに、書類とかなんとか、

言い出すの?


そうこうしているうちに、ウチャイさんの奥さんの

マリアさんから、電話が入りました。


この手の盗難はよく起こる、とマリアさん。

まず、サマゴーン・オフィスに電話して、

どう緊急の対処をしたらいいか、

問い合わせる必要がある、

と電話番号を教えてくれました。

(パインに移動中なので、ゴイは各所の電話番号を

手元に持っていないのです)


そうこうするうちに、パイン・ゴルフに着き、

ティ・グラウンドに立ちます。


地元の水道局との連絡は、

2,3度の電話が必要だったのですが、

これをゴイはプレー中にやらなければなりませんでした。

最後に必要になったのは、

水道料金を最後に支払った領収証に書かれた番号、

だということになりました。

それは家に帰らないと、わからないことなので、

水道局との交渉は、一時ストップ。

これまで、9Hを要しました。


結果、ゴイのスコアはめちゃくちゃになっていました。

終わってみれば、前半76の後半61で、トータル137。

このスコアは、初心時に戻ったような数字、です。

ちなみに、僕は、こういう騒動の時でしたが、

前半39、後半41で、トータル80。

上出き、でした。


さて、これが盗まれた後の状態です。

201206006water1



お隣のメーターのようになっていなければなりません。


20120606water2



ゴルフ場から帰って、さっそくゴイが水道局に連絡、

必要な情報を伝えて、

修復を待つ、キュー(順番待ち)に入りました。

いつ、直しに来てくれるか時間は言えない、

ただ、このチームは24時間休みなしのオペレーションだから、

待って頂くしかない、

という回答です。


実際に来てくれたのは、深夜12時を回っていました。

これが、修復後の写真、です。


20120606water3



なんで、こんなメーター部分を盗むんだろう、

という疑問の答えは、

この部分が銅でできているので、

盗んで、なんでも屋さんに売ると、

そこでつぶして、銅として売るのそうです。

あまりにも盗難被害が多いので、

水道局で、対策としてプラステック製のメーターを

使い始めたことがあったとか。

しかし、それは6か月くらいしか持たない代物で、

また銅製のものに戻ってしまった、

とか。



この種の盗難は、よくある、とのことなので、

他の家では、どう防御しているのか、

朝のサイクリングのとき、調査してみると、

あります、あります、

その対策。


20120606water4
コンクリートで固めてしまっています。


20120606water5
こちらは鎖締めです。
なんだか、怒りが現れているような。
僕は、この対策が好きになりました。


先日のサイフの盗難といい、

今回の水道計の盗難といい、

どうも悪い運気のようです。。。

そういうと、

ゴイが、どこかのお寺に行って、

タンブンして、

運気を取り戻そうか、

という発言。

タイ人は、そういう風に、自然に思うんでしょうね。



さて、明るい話で、しめくくり。

毎朝、家の庭にやってくる小鳥、です。

すずめは、いつも来ます。


20120607bird1




感謝。



ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

中国大使が・・・・・

以前のブログでIm9P様が、期待感を示しておられた、丹羽宇一郎中国大使ですが、酷い状況になってるようですね。

丹羽大使を推薦した岡田副総理も匙を投げたようです。
更迭または罷免時期が近いようですね。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120608/plc12060801300001-n1.htm

 ウォーター・ゲート・・・?

 ウォーターゲート事件ならぬ水道メーター事件で良かった?ですね。
外国人なので一軒家を買えない私です。でも日本に帰っている間に
家の中がガランドウって言う事件がよくあるそうですから家はちょっと敬遠しています。
コンドの鍵も既存プラス、ワンで注意は怠っていません。

Re: 中国大使が・・・・・

Kenさん、
コメントありがとうがいます。

> 以前のブログでIm9P様が、期待感を示しておられた、丹羽宇一郎中国大使ですが、酷い状況になってるようですね。
以前、伊藤忠時代の丹羽さんの著書を読んで、今時の経営者にはないカリスマ性があって、
将来の日本の姿を描く一人かな、と感じたものでした。
残念ながら、今でも、「伊藤忠の」というタイトルがぬぐえないでいるのは、氏の限界
なのでしょうか。
「大使」は「友好」だけを図る任務ではない、ということが十分実践できていないようで、
残念です。

> 丹羽大使を推薦した岡田副総理も匙を投げたようです。

民主は人気取りのひとつとして氏を選んだのでしょうが、
氏の果たした、あるいは果たしているプラスの面はないのか、
それを紹介することなく(無いのかもしれない???)
匙を投げるのは少し無責任すぎる気がします。

> 更迭または罷免時期が近いようですね。

これは、更迭することで日本の立場を明確に中国、世界に伝える、
と言う意味で、電光石火で行わないといけない人事だと
思います。それをぐずぐずしているのは、問題を極小にみせ、
日本にとってなんの利もなくなってしまう気がします。
良い大使もいなければ、良い政治家もいない、日本。
さびしいです。

Re:  ウォーター・ゲート・・・?

トマックスさん、

>  ウォーターゲート事件ならぬ水道メーター事件で良かった?ですね。

なつかしいウォーターゲート、と言う言葉がでてきて、ユーモアで
ふっとばすことができました。^O^
いろいろあるのも仕方がないことなんですね・・・。
ここはタイ、ですから。

> 外国人なので一軒家を買えない私です。でも日本に帰っている間に
> 家の中がガランドウって言う事件がよくあるそうですから家はちょっと敬遠しています。

がらんどう、なんてこともよくあるそうなんですか?
それではもっと注意しなければ。
私が日本に帰っている間も、妻のゴイは家にいます。
しかし、短期には、一緒に旅行に行くことも多いので。

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる