2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/05/12

サマゴーンの街

このところ、少し涼しさが感じられていましたが、

今日は、暑さがぶり返しているようです。

朝の11時に、室内温度が34度だったのが、

今、午後1時半で、37度。

これが、38度以上になると、

僕の頭に、

耐え難い、

という警報が鳴り出します・・・。^O^



さて、サマゴーンの街、そのものについて、

少しずつ、

書いてみようと思います。

まぁ、それも、僕の毎日の生活の一部を紹介する、

という流れの中で、

自然に街の様子が出てくる、

ということになると思いますが・・・。


サマゴーンは、奥行き5キロ(と思っていますが)四方ある、

広大な敷地に、造成されたムー・バーン(ビッレジ:村)です。

30年前に造られた、バンコクの郊外ムー・バーンでは、

老舗で有名です。

タクシーに乗って、「ラムカムヘン、ムー・バーン、サマゴーン」

で通じます。


もう、5000戸以上ありますから、

街の中に、

高級ショッピング・モールからローカルなスーパー、

病院から、学校など、

すべての生活に必要なものが、

そろった、古い街、

の雰囲気が出ています。


最近作られているムー・バーンで、

豪華ですが、中に入ると、住宅しかない、

というところとは、ちょっと、違います。


基本的には、ミドルクラス以上の家庭を

ターゲットにしているムー・バーンだと思いますが、

実際には、インフォーマル・ワーカー・レベルから、

湖畔に面した家などを見れば、億万長者まで住む、

味のある街になっている、

と感じています。




そんな、街の様子を、伝えられればいいなぁ、

と思っています。



今週は、なんだかんだと、あって、

家に落ち着いている日が無かったのですが、

今日の土曜日は、

一日中、家にいることにしました。


昨日は、バンパコンまでゴルフに出かけたので、

少し、朝が遅く、

8時に起きました。

いつものように、庭の木々に水をやってると、

妻のゴイが、

今日の朝食は、そとで食べたい、と。


そこで、

朝食のあとは、サマゴーンの土日マーケットにも

出かけてみよう、と決めました。



20120512breakfast2
ここのお店は、家から自転車で2分。
朝6時半ごろから、昼まで(食材が尽きるまで)
開店します。夕食はありません。
朝から昼まで働いて、それで終わり、
なかなか、良い感じです。
お客さんも、多い、です。
隣にも、この店の繁盛をみてオープンしたかと
思われる新築のお店がありますが、
ぼちぼちしかお客はありません。
家族的な雰囲気が、朝食屋さんに必要なのは、
タイも日本も、変わらないのかもしれませんね。


20120512breakfast1
これが、僕たちの定番メニューです。
ゴイはココア、僕はコーヒー。
卵焼きに、野菜がいっぱいのヌードル、
そしてパン、という組み合わせです。
二人で、145バーツなり。


マーケットに行く前に、7-11で、

携帯電話の、料金カードを買いました。

100バーツで、僕の一か月の携帯通信費は、

余ってしまいます。


20120512sammak1
これが、ラムカムヘン112を入った通りです。
郵便局や、美容室、レストランや、ローカル・スーパー、
雑貨屋などなど。
7-11が2店あります。


20120512sammak2
ここから、ラムカムヘン110から入った通りに、
向かいます。
正面に、サマゴーン・オフィスの森。


20120512sammak3
この通りには、サマゴーン・コミュニティ・クラブの
テニス・コートやプールがあります。
日本食の、「京都」もここの通りです。
僕の好きな、スープ・ライス屋(と僕が勝手に呼んでますー
おかゆ、かもしれませんが、普通に見るタイのおかゆとは
違っています)もここです。



さて、これから、サマゴーン土日マーケットに行きます。

マーケットの無い街では、タイらしさが味わえない、

ということを聞いたことがありますが、

確かにマーケットには、そういう面があると思います。


このサマゴーンにも、土日だけですが、

マーケットが立ちます。



20120512market1
マーケットの駐車場側からの
入り口風景。
背中が妻のゴイです。

20120512market3
食堂街の、部分です。
なにか食べるためにだけ、マーケットに来る人も
居るのかも知りません。


20120512market4
野菜。


20120512market5
魚も。

20120512market6
こんなのは、どうだ?


20120512market7
いよいよ、タイは果物の季節、です。
ラン・ブータンとマンゴスチンが、
両横綱クラス、でしょうか。


20120512fruites1
ということで、
今日は、果物を仕入れました。


20120512fruites2
ぶどう、巨砲とまではいきませんが・・・。
妻のゴイが結構好きになっています。
これで、220バーツ。
モール・バンカピだったら、300バーツは
してしまうかもしれません。


20120512fruites3
ランブータンとマンゴスチンを合わせて、
2キロ強で、60バーツ。


20120512fruites4
そして、リンゴを買ってみました。
タイで買うリンゴは、味のしないのがあったりで、
気を付けています。
これは、おいしそう。
100バーツ。


サマゴーンの土日マーケット、

値段は、メチャ安いマーケットではないようですが、

お客さんが、サマゴーン以外からもやって来て、

ソイ110は、交通整理がでるくらいです。


今日も、

一日、

穏やかな日が始まりました。


感謝。





ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング



pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

いい雰囲気ですね

土日だけのマーケットでも、やはりタイらしくていいですね。こういう飯屋のコーヒーも、コンデンスミルクいっぱいのめちゃ甘タイ風なんでしょうか?

土日マーケット。Re: いい雰囲気ですね

タイラックさん、
そうです、土日だけでも、マーケットがあると良いです。
マーケットの雰囲気が好きなのです。
この朝食屋さんのコーヒーは、インスタントの粉が置いてあって、
自分で調整して作るのです。私は、ミルクだけしか入れません。
めちゃ甘いタイの飲み物は、私も苦手、です。

Coffee

やはり、インスタントでしたか。「やはり」というのは、im9p さんが考えられたのと逆でして、実は、あの激甘コーヒーが好きなのです。甘い緑茶も嫌いではありません。熱いタイにいる時は、なぜか欲しくなってしまいます。変な日本人です。

サマゴーンの街の様子、楽しみです。お庭が豊かな緑でいっぱいになりますよう。

タイは私には甘すぎる! Re: Coffee

ラックタイさん、
そうだったんですか、激甘ものが好きだなんて、ほんもののラックタイ!
なんですね。私は血糖値が高いので、タイの甘いものは、控えています。
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる