2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/05/11

バンパコン・ゴルフ&カントリークラブへ行く。(Bang Pakong Golf & Country Club)

最近、 ゴルフ・ネタが多いののですが、

他に活動していることは、いまだ、曖昧模糊としているので、

書きにくい点が多いのです。

もう少し、形になってきたら、それも生活の一部ですので、

書いていくことになると思います。

ちなみに、フェイスブックを始めようと思ってアカウントを

作ったりしたのですが、いまいち、その使いがってが分からず、

どうしてこれが、9億人ものメンバーを要するSNSなのか、

理解できずにいます。

SNSは、以前に日本のMIXIに入っていたことがあり、

その時は、SNSとしての価値、使い勝手、とてもよくわかって、

重宝したものなんですが・・・。

今、フェイスブックは、英語で書いて、

外国人とのコミュニケーションをしたい、

と思っていたりしています。


さて、ゴルフですが、

今日は、ウチャイさんに誘われて、

バンパコンのEGAT(タイ電力公社)のゴルフ場に行ってきました。


20120511bangpakongGC1
バンパコン ゴルフ&カントリー・クラブ。
5番、浮島ショート・ホールがシグネチャー・ホールです。


ウチャイさんの30年来の友人で、ゴルフ友達でもある、

Pさん、Jさんとも、1年ぶりにゴルフができる、

ということで、楽しみにしていました。


このコースは、サマゴーンからは50キロ、

高速を使って、(料金占めて80バーツ)で、40分ほどの距離にあります。


60歳以上、10時前のプレーであれば、

GF100バーツ、CF200バーツです。

僕は、パスポートを持っていって、シニアであることを

証明しました。

ゴイは、IDカードを示して、

これも値段は同じく、

GF100バーツ、CF200バーツでした。

このコースは、全体として、9ホールしかなく、

前半9ホールと後半9ホールは、

ティ・グランドが2つに分かれていて、

グリーンも、

1グリーンだったり2グリーンだったりしますが、

前半は黄色い旗、後半は、赤旗、

でホールが示されていることになります。

ドッグレッグのホールが多いので、

ティ・グランドの立ち位置で、

攻め方をすこし調整しなければいけない、

という配慮が必要で、

同じ9ホールの繰り返し、という短調さは、

感じなくて、楽しめます。


20120511gc2



朝、8時半にサマゴーンを出て、

10時にスタート。


あいにく、PさんとJさんは、最終的に都合がつかず、

他のタイ人さん1名がジョインして、スタートです。

この方は、バンプリーに住んでいる方で、

なんでも息子さんが、ゴルフのプロフェッショナル・プレーヤーだとか。


途中の休憩所で、本人は飲まないのに、

ビールをウチャイさんと僕の買ってくれました。

とても、良い方でした。^O^



実は、このコース、2年ほど前に、

ウチャイさんに連れられて、1度プレーしたことがあります。

その時の印象が薄れて、

なんだか短くて、簡単なコースだったようなイメージが残って

いました。

ドライバーを使えるのは、2,3ホールだけだったかな、

などと思っていたのです。


それで、ゴイにも、

今まで、118、116、111とスコアが伸びてきているから、

バンパコンでは、距離も短いし、簡単なコースだから、

100台が出せるといいね、

なんて、発奮させて、出かけていたのです。


ところが、実際は、

距離も結構あり、池やクリーク、バンカー多く、

ドッグレッグしていて、

なかなか挑戦的なコースなのです。




それで、ゴイのスコアは、大乱れ、でした。

(キャディさんが、スコア・カードを渡し忘れて、

実際のスコアを知ることが出来ない、ということで、

今回は、ノー・カウント)


僕の方も、

キャディさんが、きちんとガイドしてくれなかったこともあり、

(^O^。言い訳です。

なんのガイドも無いまま、打った後、「右のOBです」、

と言われたり、どうみても150-160ヤードのところを

190ヤード、と言われたり・・・まぁ、みんなゴルファーの

責任範囲ではあります・・・^O^)、

前半はメロメロ、

後半は、コースになじんだので、取り戻しましれ、

46+40=86。

満足な結果、でした。


20120511gc3


バンパコン ゴルフ・クラブは、書いたように、

格安コースですが、

日本人のファンもいるようです。


コースの管理はしっかりしている様子で、

予約すると、

その週の予約者たちが、プリントされて、

掲示板に貼りだされていました。

ウチャイさんの名前もありましたが、

翌日土曜日には、

日本人の名前が、二組入っていて、

それぞれ4名、5名で、プレーするようです。


今日で、3回目だったのですが、

オデッセイの新しいパターを使っていて、

やっと、どうやら、僕も、

パッティングというものが、

わかってきたように、感じています。

僕にとっては、これが、一番、うれしい。


きょうも、1メートルほどのパットを、

3回外してしまいましたが、

狙ったところに打って、外した、

距離が5ミリ足りなくて、外した、

という外し方で、理由がわかり、対策もわかる、

納得のいく、外し方、なのです。


きちんと打ったつもりが、

なんであんな風に外れるのか、分からない、

ということでは、ないのです。


そのパターとは、これ!


20120511putter1
今、タイにあるパターの皆さん、です。
ほんとは、これ以外に、MOSSパターと、
中尺2本ありあますが・・・。
右から2つ目、タニアで買ったあやしげな特許製品で、
コレクションで買いました。
1番右の、2ボール・オデッセイが、
今使用しているパターです。


20120511putter2
このようなステップで考えるようにしました。

1.自分は生来的にパターを素直に打てるように
  出来てはいない。
  肩が固い、視覚が悪い、などのハンディがある。
2.それで、その弱点を克服するようなパターを選ぶ。
  外見にこだわらない、タイガーと同じパターを、
  などと思わない。^O^
3.まず、距離を会せるプリ・スイングをする。
  自分の体感からくる距離感も大切ですが、
  最近ズルしてさぼり気味な、歩幅数で、距離を確認する
  ことも大事。
  とくに上りとか下りのときは、視覚的の誤りやすい。
4.そして、ラインに直角にセットすることに、集中する。
  ①3個のボール、②ボールとラインの線、
  ③-最後のシャフトの位置、
  この①、②、③の確認が、テンポも作ってくれる。
  スィングの「起点は胸」、に置くと、肩が回って、
  スクゥエアなセットが乱れない。
5.あとは、4でのセットアップの正しさを信じて、
  距離を出す、
  バックスィングの大きさだけに集中する。
  バックスィングが真っ直ぐ引けてるとか、
  インサイドに入っているとか、
  その動く方向には一切注意を向けない。
  バックスィングの方向と振り幅と両方を気にすると、 
  一兎も得られない結果となる。


という方法論です。

今は、これを信じて、実行しています。

絵にあるような、練習ボールを使って、パッティングすると、

以前は、なかなか真っ直ぐに転がってくれないものでした。

少し、右に行くとか左に曲がる、のならまだしも、

右や左にスピンして、しまうのです。

それで、この種類のボールを使って練習するのが嫌でした。


ところが、ゴイが打つと、なんとボールは素直に真っ直ぐ、

転がるのです!

それで、僕は、徹底的に僕の体型・体質・筋肉・クセ、

などを見直してみる、決心が付いたのです。

いまでは、上の心構えで打ってみると、

何回かに一度は、まっすぐにボールが転がるように、

なりました。

すくなくても、スピンしてしまう、ということは、

無くなりました。

進歩だと、確信しています。



僕は、タイに来て、ドライビング・レンジで練習していて、

ドライバーに関して、ある大きなヒントを得ました。

それは、僕という個性的な体型と、いままでのゴルフ歴、

および現在の年齢に対して、僕だけにフィットする、

ドライバーのコツ、だと思っていますが、

これをつかんで以来、ドライバーに、迷うことは無くなりました。

ミス・ショットしても、なんで、ミス・ショットだったのか、

直ぐ、判断し、修正ができるようになったのです。


アイアンに関しては、これは練習のみ、だと考えています。


そして、パッテングに関して、

今の理論が、僕にフィットすれば、

鬼に金棒、

となるかも、しれません!

ああ、夢の話、

ですか。



ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる