2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/04/29

家族ビザに切り替えます。

前から思っていたことですが、

日本の企業で働きたいとか、

今現在、日本企業で働いているタイ人に、

日本語を教えたい、という考えがあります。


ボランティア的に、ある組織のもとで、

タイ人に、英語を通して、

日本語を教えることを経験してみたのですが、

教えること自体に、面白さ・楽しさを感じることが

できました。


意外に、自分は「教える」ということが、

好きなのかも・・・

これは、ひとつの発見でした。


しかし、いざ、日本語を外人に教える、となると、

そうそう簡単なことではない、ということもわかりました。

ましてや、英語を通して、となると、

難しさも、倍増しそうです。


それでも、「英語を通して」でも日本語を学びたい、という受講者は、

よく考えてみると、

すでにかなり選ばれた人たちかもしれません。

すなわち、すでに、英語は使える人たちなのですから・・・。


そして、さらに日本語も、というのは、意識の面からみても、

かなり強い意志や目標を持っている、

と考えられそうです。


だから、教えていて、面白いのかもしれません。

そうして出会うタイの若者を、応援してあげたくなる、

そんな気持ちも湧いてきます。


さて、日本語を教える、となると、

ひとつの仕事となりますから、

タイに住む外国人として、

「働けるビザ」の状態になっていなければなりません。


なにしろ、ボランティの無償活動に対してでも、

タイでは外国人にはワークパーミットを要求する、

ということのようなのです。


僕は、現在、「リタイヤメント・ビザ」で1年間の滞在を

認められているのですが

このビザでは、タイで仕事はできない、のです。


そこで、タイ人ゴイと結婚したので、取得できる、

「家族ビザ」に、近いうちに、切り替えようと、

思っています。


「家族ビザ」で、仕事のできる、基本状態になります。

そのあとのステップについては、

いろいろ考えられますが、

まずは、妻のゴイに「自営業」の語学教室の看板を上げさせて、

二人で、教えていくことから、

始めたいと思っています。

20120429nihongoschool
こんな感じです。
これを印刷して、
自宅の門に、貼りだせば、
自営業スタート、です。


5年間、やるとして、

何人の、有為なタイ人に出会えるか、

本当に

楽しみなんです。





ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる