2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

2012/02/26

フェンス工事14日目、あと一日だ。

このところ、このために、毎日家を長時間空けられず、

かなり制限された生活を強いられてきたフェンス工事も、

いよいよ、あと一日だそうだ。

今日は、フェンスのモルタル塗りの不具合なところを修正したり、

支柱のてっぺんに突き出ていた鉄筋スチールを切り取ったり、

という軽い作業で、終わってしまった。

明日は、いちにち、壁の部分の乾燥に費やすので、

お休み。

そのあと、火曜日に、ペンキを縫って、完了、となる。

ここまで、2週間、トンブリから通い、

休みなく働き続けてくれた、トンブリ氏、

やっと休みが取れるね、

とゴイが語りかけたら、

いや、明日から、向かいの家の下水用配管の仕事にかかるのだ、

という。


そういえば、昨日、向かいの奥さんに呼ばれて、

作業員の一人が、相談を受けていた。


10日以上も働いている様子を、向かいから見ていて、

その仕事ぶりを信頼されたのだろう、

と想像する。


商売繁盛で、良かった。



20120226fence1
ブロック壁にモルタルを塗って見栄えを良くしたところ。
何回か水をかけているので、まだ乾燥していない。
隣家の、客商売、美容室が完全に隠れて、気にならなくなった。
遮音にもなるので、庭に出て、床屋の雑談を大声で聞かされることも
少なくなりそう。
ここは、案外広いスペースなんです。
どんな風に使おうか、楽しみ。


20120226fence2
まっすぐ、かな。
フェンスというより、やはりウォール(壁)ですね。



20120226fence3
隣家の奥さんが、隣家の側の壁もモルタルを塗ってくれるのか、
とトンブリ氏に尋ねたそうです。
雇ってくれたら、塗りますよ、と応えると、
黙ってしまった・・・。
僕の発注した作業項目には、隣家の側のモルタル、ペンキ塗は
入っていないのです。
工事請負人のデーイ氏の考えも、僕とまったく同じ。
もし隣家でそれが必要だったら、それぐらいは、自分で負担するのが
当たり前だ、と。
隣家とは、価値観が違うので、一筋縄ではいきそうにありません。
前のこの家の持ち主との確執も、
近所では知れ渡ったことのようです。



20120226flower1
庭先の、マンゴーの大木の下に置いた、
鉢植えのリー・ラー・ワ・ディーも、
工事が終わりに近づいて、
やっと落ち着いたようで、花をつけました。


20120226flower2
これも・・・。




明日は、工事がないので、90日滞在届けを出しに行って来よう、

と思う。

実は、ついこの間、すでに3か月を超えてしまっていることに

気が付いたのだった。


初めてゴイを日本に連れて行って、

もどってきたのが、11月13日だった。

まだ、洪水騒ぎが収まっていない時期で、

それから、

ドタバタが続きっぱなしだったような気がする、

11月は、洪水騒ぎが収まるのをただただ願い、

12月は、買った中古住宅を引き渡してもらうのに苦心し、

1月は、住宅の改装作業に、くたびれ果て、

そして、2月は、電気製品とフェンス作りに翻弄されて、

すっかり90日滞在届けのことは、忘れていた。


先日、3月にまた一時帰国するための、

航空券を注文したのだが、

その時も、90日のことは、頭に上らなかった。

3月の上旬に帰るのだから、

90日を超えてはいないだろう、

という感覚があったと思う。


しかし、いろんなことが、重なって、

時間を短く感じさせていただけなのだ。


3月の上旬まで、あと少しだから、

チェーンワッタナーのイミグレーションに行かなくても、

空港で大目に見てくれるか、

少々の罰金を払えば、済むことなのかもしれないが、

そういうことも、嫌なので、

明日、イミグレーションに、行くことにする。


忙しい、ということはない毎日だが、

結構、

せわしい気はする。

忙しいと、せわしいは、

一緒でしたね。

^O^




pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる