2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

甘利大臣の金銭スキャンダルとベッキーの不倫スキャンダルを

扱ったTV番組を見ていて、いやになった。

それぞれに責められる点があるのはもちろんで、

辞任だ、TV活動休止だ、というのも妥当な結論であろう。


いやなのは、それを伝えるマスコミが、

正義の面をかぶって、一方的な意見のみを流し続けること。

データ元が、TVと同質の「週間文春」だからだろうが、

メディアの在り方に疑問のかけらすら抱かない不感症さだ。


甘利大臣のケースでは、文春にタレこんだ建築会社Sの担当者A、

これを非難する声はゼロだ。

ワイロというのは、出す方も、貰う方も、同罪でしょう。

もっと言えば、働きかけるという意味で、出す方が、もっと悪いヤツだ。

こんな悪いヤツから得た情報を、わが情報のように記事にするのは、

こいつと同じ立場をとっているとすると、

文春もワイロを出した側で、悪じゃないのか。

すくなくとも、このタレこみ屋をも非難する文言がなければならない。


ベッキーの不倫のケースに関しては、

ラインの会話が、そのまま外部に(文春に)流れた、ということを

意味する。

「プライベートな会話」が、いとも簡単に外に漏れた、ということは

ラインの会社にとって、大事件ではないのだろうか。

ぼくはスマートフォンもラインも使わないので、実感がないのだが、

それらのユーザーは、このように会話が外部に垂れ流しになっても、

問題視、しないのだろうか。

個人情報が漏れた、ごめんなさい、という話は、

クレジット会社、銀行、インターネット会社、あるいは役所などからは、

ひんぱんに聞く、

かれらはこれを大問題としてとらえているが、

ラインは平気なのか。

文春には、情報を不法な方法で入手しても、記事にする、

そこに、なんら法的な問題も、モラルの問題も、ないのか。



文春も、

あっけらかんのTV局も、

なんだか、いやな気分。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる