2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

昨年は、というか、

実際には今年、2014年は、庭のジャック・フルーツにたくさんの実が成り、

食べきれないほどでした。

前年は、一個も取れなかったのです。

あまりに、大量の出来でしたので、

単なる異常現象か、

あるいは翌年は、実がならない年回りかもしれない、

など、いくらか疑心暗鬼になっていました。


しかし、

どうやら、思い過ごしだったようです。


一個でも、二個でも、

と願っていたのですが、

どうやらその願いが通じたようです。

20141130jack1
今年も、どうやら、大きくなってくれそうです。
家でとれるようになって、
ジャック・フルーツが食べても、好きになったのです。

20141130jack2
こちらにも、こんにちは。


20141130banana
裏のバナナです。
12月、日本に発つ前までに、収穫できるかなぁ。



ジンクスがあって、

株や為替FXのことを、こうしてブログの記事に書くと、

大体が自分の思惑通りに行かない、

ということが多いのです。


それで、あまり、期待めいたことは書かないほうが良いのですが、

といって、

生活記録としてのブログで、株・FXのことを全く書かない、

ということも不自然なので、

書かなければなりません。


さて、今週から、もう12月です。

あと一か月。


10月から11か月の間に、マーケットは大きく動いた、

という感じです。

ドル円では、年初に、多くの専門家が思い描いていた

118円へ到達して、

119円や120円までうかがおうかという勢いですし、

日経平均にしても、11月になって、

去年達成できなかった1万7000円台になり、

11月半ばには、1万7490円をつけ、

いよいよ1万8000円を目指そうか、という勢いです。


株価は、11月に1000円も上げ、

円ドルにいたっては、スピード違反気味の急上昇を続けているので、

12月の、注目は、この加熱している状態が、

さて、継続して一年の有終の美を飾るのか、

調整が入って、あいまいな状態で年末を迎えてしまうのか、

というところでしょう。


20141130dollaryen
11月21日(金)の麻生財務相の「スピードが速すぎる発言で、118円半ばから
117円45銭まで急落、その後、先週は117円台半ばから後半で推移、
急上昇がようやく一服しました。
ただし、調整といっても、値幅は1円ほどで収まってますから、
さらに調整が深くなるのか、調整終わりか、不明。
僕は、28日(金)に上昇傾向に入ったところ、118円30銭で、ロング・ポジションを
清算しました。米国時間になって、ブラック・フライデーもあってか、ダウが上昇し、
ドル円も118円78銭くらいまで上昇しました。僕は、利益の幅を逸したわけですが、
異常な雰囲気でしたので、利益を確保できたことで、安心しました。ダウが、ほぼ
前日とフラット(0.4ドル上昇)でクローズすると、ドル円も下落し始めました。
今週明け、12月1日からの値動きに注目です。
(チャートは大和証券マーケット情報から)

20141130nikkei12
12月は日経平均、上昇する傾向が顕著です。
過去6年間連続上昇。


20141130foreignmoney
その最大に理由が、外資が日本にやってくる、というもの。
海外のファンドが、11月に期末を迎え、投資家へ配当還元していますので、
11月は資金不足で海外投資が細る一方、
儲け金を受けた投資家が12月に再度投資を始めるので、
12月に外資がもどってくる、ということなのだそうです。

また、選挙期間中は、株価は上昇する、というアノマリーもあります。

気になるのは、過熱感ですが。。。


20141130torakuratio
過熱感をあらわす一つの指標が、騰落レシオですが、
これは120%を超えると過熱感が天井近く、やがて下落する、
というのが通常なのだそうですが、
時には、それをはるかに超えてしまう騰落レシオが見られる場合、
常識をはずれてさらなる上昇を続けるケースがある、といいます。
このチャートでは中央のところで、その例がしめされています。
そして、現在、騰落レシオは145%。前例同様、異常に高いので、
その前例同様になる。。。

12月に、日本の株が上昇するのは、かなり確率が高いのではない

でしょうか。


20141130ecbnikkei
今週のイベントの中の注目は、ECB会合(12月4日)
ECBの緩和規模は、下記の図のように、
前回の緩和(2010年から2012年まで)と同規模で、
かなり大きなものです。
もし、ECB緩和が決定された場合(主に国債の買い取り)、
日本株、ドル円、ともに、短期的にはマイナスとなるが、
やがてプラスの効果となって表れる、
ということ示したチャートです。


20141130ecbqesize
これだけの規模のECBのバランス・シートを実現するには、
方法として、国債の買い入れが必要、ということのようです。


最近の動きとして、話題になっているのは、原油かかくの低下です。

OPECでは、価格維持のために、生産調整する、という合意には

いたりませんでした。

最大の原油産出国、サウジアラビアが反対だから、だそうです。

原油のことはよくわからないので、

始め、このニュースを聞いたとき、

なんだか、サウジの近視眼的な、わがまま行為、

のように目に移りました。。。


ところが、

サウジの戦略は、さらなる原油価格の下落をも狙っていて、

60ドルまで下がっても良い、と考えているらしい・・・。

新たな、オイルの産出国、としては、

シェールガス・シェールオイルの米国と、

南米諸国の海底油田が、膨大な埋蔵量を誇って、

存在感を現そうとしている。


しかし、シェール・オイルも海底原油も、生産コストが高くて、

60ドルでは赤字になるのだそうです。


アメリカのシェール関係企業は、150もの中小企業だそうで、

原油価格が下落すると、経営困難に陥る可能性が大、

南米海底油田にいたっては、まだプロジェクトが軌道に乗っているわけではない。

サウジの戦略は、

こうした新興勢力のプロジェクトを進捗させずに、

自国の権益を守る、という点にある。


こういうことを知りました。


恐るべし。

知らないことが多くて、

人生、面白いですね。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる