2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。
昨年、2月12日号のパー・ゴルフに、

尾崎将司プロの談話が載っていました。


「残された時間がそんなにあるわけでもないからね。

自分としては一生現役で、と言っている。

ただ、現役の資格というものは必ずあるわけだ。

やる限りは可能性を自分で感じないとな。

昨年はティ・ショットの飛距離と安定性かな。

安定すればゴルフはそんなに難しいものではない。


それを解消するために、難しいことに挑戦しているんだ」


とくに印象に残ったのは、

「ティ・ショットがうまく打てたら、

ゴルフはそんなに難しいものではない」

というところです。


パタヤに行ったおりにプレーしたゴルフ、

ドライバーを旅行のためを思って、

最近使っていないもの換えて持っていったためか、

全然、自分のゴルフをしている、

という気になりませんでした。


本当に、ゴルフのスイングが壊れてしまったのか、

と思い、

バンコクに戻ってから、2つのドライバーを持って、

ドライビング・レンジに行きました。


すると、どうでしょう、

やはり、キャロウェイ・レガシー ロフト10.5度は、

レガシー・ブラック ロフト9.5度より、

簡単に打てるのです。


飛距離も、安定性も、満足するアタリで、

旅行中のドライバー・ショットが何だったのか、

さっぱりわかりません・・・。


まぁ、また近いうちに、再チャレンジしてみましょう。


昨日、26日、水曜日、

妻のゴイとタノン・ゴルフに行ってきました。


9時過ぎの到着でしたが、

駐車場の一列目に駐車できましたので、

あまり多くのプレーヤーが来ていないことを表しています。


ロッカーに入ると、

シニアの、日本人グループがプレーの準備をしていました。

旅行グループの方たちです。


ティー・ショットは、パタヤ旅行中と比べると、

段違いで、普通のプレーができました。

使ったのは、レガシー・ブラック。


なんどか、スイングを変えてみました。

妻のゴイの勧めで、

彼女が今信じている方法、

バック・スイングは、腰主導で回転する、

肩や腕主導ではなく、

というものです。


僕のドライバーは、とてもスタンダードなフォームとは

言えないものだろうと、思っています。

それが、もっとも安定的にヒットし飛距離もそれなりに

得られる方法だと、体感している方法なのです。


それが、あえて言えば、肩主導で、バック・スイングする、

そして、オーバー・スイング気味にする、

となるでしょうか。


それを、すこし腰に焦点を置いて、

腰主導の感じにしてみよう、という方法です。

そうすると、オーバー・スイング気味のバック・スイングの

最終点が、より楽に得られるような、感じがする、

というわけです。


タノンの18番ホール、パー5、白ティから497ヤード。

グリーンが池にガードされているので、

いつもは、1打目ドライバー、

2打目7番アイアンで100ヤード付近にレイ・アップする、

という攻め方なのですが、

今日は、2打目、150ヤードまでドライバーで届きました。

497-150=347ヤードのドライバー・ショットです。!?!

本当かな。。。

フォローの風が強かったわけではありません。

347ヤードはどうでもいいとして、

このホールで、150ヤードの距離まで打ったのは、初めてです。


2打目は、8番アイアン。

快心のショットではなかったけれど、グリーン・カラーです。



16番ホール、パー4、316ヤード。

フェアーウェイ中央を横断する巨大バンカーがあるホール。

ティー・ショットで220ヤードを確実に打てれば、

バンカー越えで、割にたやすく攻められるホールです。

僕は、もちろん、いつもバンカー越えで、

これまで、方向が良ければ、グリーンまで40ヤード、

というところまで、打ったことが何度もあります。


ところが、今日は、グリーンまで、20ヤード。。。


スイングの少しの変更と、

ボールの組み合せが良くかんで、

確かに、300ヤード・ショットができていたのではないか、

という気がします。


あくまで飛距離の向上を求めているわけではないですが、

まだ向上するかもしれない可能性を感じるということは

うれしいものですね。


ゴイの今日のプレーは、僕と一緒の白ティから、

48+49=97で100を切りました!

パーは2個でした。


今日のタノンのホール・セッティングは、

パー3だけ取り出すと、

205ヤードが一つ、

180ヤードが三つ、

という白ティからのセッティングでした。

ほとんど、トレジャーヒルのパー3と同じ距離です。

(トレジャーヒルはロング・ヒッター向きのコース、

ということでした)


ゴイも僕も、なんとなく、気持ちの良い、一日でした。


コースにカメラを持っていくのを忘れたので、

写真は、プレーが終わって、

シャワー後、着替えてからの一枚です。


20140226tanon1
さつき、でしょうか。
綺麗だったので、つい写真を撮りたくなりました。



20140226tanon2
僕の写真も、ついでに。








^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる