2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。
今日は9月最後の日。

予定では、一人、ゴルフに行くつもりだったが、

夜半に降り出した雨が、かなり強く、長引いたので、

ゴルフ場のコンディションが悪いだろうと、

予定は、キャンセル。

思えば、このところ、べちゃべちゃのフェアー・ウェイ

でのゴルフばかりだったように思う。


家に居て、

米国財政問題で大下落の株の動きを見ている、

ということになってしまった。


この世の中、実に、次々と、

問題が起こるものだと思う。

シリアの化学兵器使用に対する軍事制裁、

FOMCの9月テーパリングの否定、

そして今度は、

アメリカのポリティカル・ゲームによる財政問題。



まぁ、株でもやっていなければ、

それらの全てが個人に影響してくることは

ないわけだとは思うのだが。


たとえば、米国の官業業務が止まってしまったとして、

ああ、アメリカ人は困っているいるだろうな、

という感じで、やり過ごすく事柄にすぎない。


しかし、それが、アメリカの経済に直接に影響し、

GNPの伸びにも関わるし、

QE3の縮小なんて、もう、今年は無いよ、

という判断にもつながるとすると、

株や為替をやっている人にとっては、話は別になる。


この影響は、明日に現れる、と思っていたのだけれど、

株の市場は、前取りするので、

さっそく、今日、日経平均は、304円も下げてしまった。


先週、1万4779円まで上がって、

いよいよ今週は1万5000円になるか、

という期待の記事が多かっただが、

簡単に、1万4455円まで押し戻されてしまった。


これは、実際にアメリカ行政業務の停止が、

明日始まると、また一段の下げ、

の影響となってくるのだろうか。


さしあたり、どれだけドルが下がってしまうか、

気にしないといけないのだが、

嫌だなぁ、

こんなことで心が忙しく動くのは。


忙しい、という字が、ココロを亡くす、

ということを表していることを、

実感。


どうも、最近、読書の時間が少なくなって

いるようだ。


最近、読んだ本は、

遠藤周作の「王国への道」ー山田長政 -。


タイに来始めたころ、タイのことを知るための

本を探したものだが、

あるビジネス・マンが著書のなかで、

この本を勧めていた。

タイ人の怖さを知るには、必読の書、だという。


それで、興味を持って、ずっと文庫本を探して

いたのだけれど、

先回の帰国時に、ようやくブック・オフで発見。


タイに戻って、読んだ、というわけ。


サムライの長政と、キリシタン牧師のペドロ岐部の、

江戸初期に海外に出て、

「地上の王国」、「天井の王国」を築こうとする、

歴史ロマンの小説なのだけれど、

いつものように、

遠藤周作さんの小説は、読んで、得をした、

と思う本ばかりである。


これ以外に、9月に読んだ本はなんだろう。

川上弘美の「溺れる」。

ゆらりゆらりとただように生きている女性の

不確かな恋愛模様を描いた作品で、

なんだかわけがわからなく本。。。


桑原武夫の「論語」。

今、読書継続中。

論語の解釈は、古注、新注、朱注(朱子学による)、

日本の、古くは、仁斎、徂徠、

近代での吉川、白川、貝塚、

その他多くの評者の解釈を紹介しながら、

自身の見方を明らかにする、

という丁寧な本です。

孔子への畏敬にあふれている本で、

じっくり読んでいる。


ただ、このごろちょっと心をかすめるのは、

このような本を読んでいて、

はて、なんになるのか、

というささやかな、むなしさのようなもの。


若ければ、自分を磨くことが、

いつか、なんらかの実を結ぶ、みたいな考えが

あったのだけれど、

さてこの歳で、このような本を読むことは、

なんなのだろうと。


ただ、ゆらりゆらりの、ただようように生きて、

「その日」をおだやかの迎えることで、

十分なのではないか、

とか。


分かりません。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる