2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。
ブログ読者の飯島さんから、先日コメントで、

「お金儲けの神様」と言われていた邱永漢さんの言葉を

教えてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこれまでに、人生で成功した人とたくさん会ってきた

その中に、高慢な人は一人もいない、成功した人は自分の

主義主張や物の見方には固執するが、他人に対して威張り

ちらすことはまずない。


好感を抱かれる「信用のもと」になる4か条

【1か条】礼儀正しいこと
【2か条】人に教えを乞うこと
【3か条】約束を守ること
【4か条】どんな相手にも、一方的におんぶにだっこをきめこまないこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕も、この4箇条、守るべく努めているつもりです。

ただ、第4箇条については、ややもすると、

人の好意に慣れてしまい勝ちで、特にこころしないと

流され勝ちな点だと思っています。


いつも温かいコメントを受けているのも、

その一つかな、という気もします。


人から受けた好意は、

その当人にお返しすることを考えるだけではなく、

他の誰かに好意をもって報いることができれば、

それも可なり、

と考えます。


そんなに生意気を言えることではありませんが、

ボランティアの気持ちが中心で、

タイ人に日本語を教えてきました。


クロンチャン・プレイスに住んでいたころからで、

もう二年になります。


僕は、タイ語ができないので、

説明するときに使う言葉は、英語です。


そういう条件になると、

対象は、社会人で国際企業に勤めている人たちか、

インターナショナル・スクールに通っている学生たち、

ということになります。


日本語の効果的な教え方を、自分でマスターしたい、

という目的もあり、

さまざまな生徒さんと、さまざまな経験をすることは、

楽しい活動でした。


使うテキストは、「みんなの日本語 ①~④」です。

このテキストを使って、いろいろな教え方が

できるようになったと思いますが、

自分自身で、日本語テキストを編集した方が良いな、

と感じるようになっていました。


今まで、上記のように、主な生徒さんは、

どうしてもサラリー・パーソンになりますので、

場所は、バンコクの中心街で、

しかも、午後6時頃から9時まで、

というケースになります。

週に、2回、3回、

というところでしょうか。


この時間帯に、バンカピからバンコク市内に

移動するには、交通渋滞を考慮しなければ

いけないので、どうしても早めに、午後4時ごろに

家を出ることになります。


そして、レッスンが終わって、

夕食をとって、

地下鉄やバスを使って帰宅すると、

11時や12時近くになってしまう、

毎日でした。



もうひとつ、付け加えると、

妻のゴイが、いつも付いてくるのです。


僕が教えている間は、マクドナルドとかで

待っています。

ゴイが、大学のキャンパスに行く期間でも、

たとえば、キャンパスから3時に帰ってきて、

4時にまた出かけるのです。

ゴイの大学は、アヌサワリーの先にあって、

バンコク市内です。


なんども、一緒に付いてこなくて良いんだよ、

といっても、

ガンとして聞いてくれません・・・。


こういう形で、日本語を教える、ということ、

そろそろ、卒業していいかな、

と思い始めています。


ひとつは、それなりに十分な経験がつめたこと。

ふたつめは、少し、他に勉強することが増えたこと。

みっつめは、先日、帰宅のために3時間半も

かかってしまった、という経験をしたこと。


タイ人に日本語を教えることを、止めるわけではなく、

他に機会をつくれれば、

(ゴイがその気になって日本語教室を自宅に開設すれば、

僕がヘルパー教師で手伝う、とか。。。

この教室は、有料か無料か、どちらも考えられることです)

物理的にもっと楽な方法で、

行いたいという希望を持っています。



最後に、「処世」について、

こんな言葉は、どうでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仁に過ぐれば弱くなる。

義に過ぐれば固くなる。

礼に過ぐればへつらいとなる。

智にに過ぐれば嘘をつく。

信に過ぐれば損をする。

気長く心穏やかにして、万に倹約を用って

金銭を備ふべし。

倹約の仕方は不自由を忍ぶにあり。

此の世に客に来たと思へば何の苦もなし。

朝夕の食事うまからずともほめて食ふべし。

元来客の身なれば好き嫌いは申されまじ。

今日の行くをおくり、

子孫兄弟によく挨拶して、

しゃばのお暇申すがよし。

      「伊達正宗・家訓」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング
pagetop
前から思っていたことですが、

日本の企業で働きたいとか、

今現在、日本企業で働いているタイ人に、

日本語を教えたい、という考えがあります。


ボランティア的に、ある組織のもとで、

タイ人に、英語を通して、

日本語を教えることを経験してみたのですが、

教えること自体に、面白さ・楽しさを感じることが

できました。


意外に、自分は「教える」ということが、

好きなのかも・・・

これは、ひとつの発見でした。


しかし、いざ、日本語を外人に教える、となると、

そうそう簡単なことではない、ということもわかりました。

ましてや、英語を通して、となると、

難しさも、倍増しそうです。


それでも、「英語を通して」でも日本語を学びたい、という受講者は、

よく考えてみると、

すでにかなり選ばれた人たちかもしれません。

すなわち、すでに、英語は使える人たちなのですから・・・。


そして、さらに日本語も、というのは、意識の面からみても、

かなり強い意志や目標を持っている、

と考えられそうです。


だから、教えていて、面白いのかもしれません。

そうして出会うタイの若者を、応援してあげたくなる、

そんな気持ちも湧いてきます。


さて、日本語を教える、となると、

ひとつの仕事となりますから、

タイに住む外国人として、

「働けるビザ」の状態になっていなければなりません。


なにしろ、ボランティの無償活動に対してでも、

タイでは外国人にはワークパーミットを要求する、

ということのようなのです。


僕は、現在、「リタイヤメント・ビザ」で1年間の滞在を

認められているのですが

このビザでは、タイで仕事はできない、のです。


そこで、タイ人ゴイと結婚したので、取得できる、

「家族ビザ」に、近いうちに、切り替えようと、

思っています。


「家族ビザ」で、仕事のできる、基本状態になります。

そのあとのステップについては、

いろいろ考えられますが、

まずは、妻のゴイに「自営業」の語学教室の看板を上げさせて、

二人で、教えていくことから、

始めたいと思っています。

20120429nihongoschool
こんな感じです。
これを印刷して、
自宅の門に、貼りだせば、
自営業スタート、です。


5年間、やるとして、

何人の、有為なタイ人に出会えるか、

本当に

楽しみなんです。





ポチッと、ひと押し、お願いします。
タイ・ブログランキング

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる