2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。
昔のメモ帳をめくっていると、ヴェルレエヌの詩の写しがあります。

このころなんでこの詩に興味を持っていたかはわかりません。

文語への興味かもしれません。

上田敏、堀口大学、橋本一明の訳を手書きでノートに写してありました。

読み比べると、やはり上田敏の訳がもっとも人口に膾炙しているようです。

海潮音の中の訳詩のなかでも、この詩が出色です。

口になめらかに、いかにも歌のようです。

(青空文庫で、全部の訳詩が読めます)

そして、捨てがたいのが、一番最後にある、

永井荷風の散文訳です。

「あめりか物語」のなかに、書かれた、散文で意訳したもので、

詩の意味が一番わかりやすいとも思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

落葉(らくよう)      ポオル・ヴェルレエヌ

秋の日の
ヴィオロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。

鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。

げにわれは
うらぶれて
こゝかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉かな。

(青空文庫 海潮音 より)

堀口大學による訳は「秋の歌」という題です。


秋風の
ヴィオロンの
節(ふし)ながき啜泣(すすりなき)
もの憂き哀しみに
わが魂を
痛ましむ。
時の鐘
鳴りも出づれば
せつなくも胸せまり
思ひぞ出づる
来(こ)し方に
涙は湧く。
落葉ならね
身をば遣(や)る
われも、
かなたこなた
吹きまくれ
逆風(さかかぜ)よ。



 橋本 一明 訳 「秋の歌」

      ポール・ヴェルレーヌ

      
   忍び泣き

   ながくひく

   秋の ヴィオロン

   ものうくも

   単調に

   ぼくの心を いたませる


   時つげる

   鐘の音に

   胸つまり あおざめて

   過ぎた日を

   思い出し

   ぼくは泣く


   性悪の

   風に吹かれて

   ぼくは行く

   ここ かしこ

   吹き散らう

   落葉さながら


永井荷風 「あめりか物語」から

秋の胡弓のしのび泣く物憂き響きが胸を破る。
鐘鳴れば、われ色青ざめて、吐く息重く過ぎし昔を思出て泣く。
薄倖の風に運ばれて、ここかしこ、われは彷徨ふ落葉かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぼくのメモ帳の次のページには、こんな言葉が、書きこまれていました。

古い人々の足に踏まれ、
傷ついて汚れている板の間よ
いかにも疲れはてさびしそうだ
樹齢150年の柱には乾いたカビが刻まれ
しっくいの壁も薄汚れ涙のあとのよう
さあ、再びのときは今だ
ぼくとタイから来た妻とで、
ゆっくりあたたかにつや出しにかかろう、
いまいちど、暖かく、人の集まるたまり場となるように・・・

木更津の家を買ったときに、その心境を書き留めたようなのです。

その心境から、ちょっと遅れた現在が、

今日の反省、

です。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<

pagetop
夜11時45分、ドンムアン発のエアアジアで帰ってきました。

日曜日の夜だったことが功を奏したのでしょう、

空港までのタクシーも渋滞なく、自宅から1時間で到着。

運転手さんの話によると、

ドンムアン空港は入口が一か所しかないので、

北に向かう旅行の車が多数になると、必ず大渋滞になる、

とくに気を付けるのは金曜日、だそうです。

今回は、日曜日だったので、ほとんど渋滞無し、快適でした。

運賃は呼び出し代金いれて250バーツでしたが、チップをいれて300バーツ。

かなり早めに着いてしまったのですが、

ターミナル1(国際線)とターミナル2(国内線)の間の二階にある、

レストラン・フード エリアは、広くて、新しく、

顧客もスアンナプームより少ないので、ゆったり感があって、

過ごしやすかった。

dn867
ひろく、きれいなフード・レストラン・コーナー。

dn866
バーガーキングで、ハイネケンを。

dn868
ドンムアン空港、リノベーションは豪華?
COTTOではなく、TOTTOじゃないけ。



ボーデング時間の二時間前にチェックイン・カウンターがオープンし、

ボーデン・タイムは少し遅れたものの、

出発時間は驚いたことに予定時刻通りで、

実飛行時間、5時間10分、

なんと予定時間より、1時間早い、成田到着となりました。

11時25分に、出発。

エアアジアでは、ビデオ・サービスも、何もないので、

機内はすぐに消灯となり、寝るだけです。

寒いなぁ、と感じたのですが、ブランケットの提供がないことを

知りました。

周りの人をみると、ダウン・ジャケットをもってきていたり、

枕をもってきている人も、多かった。

LCCのサービス・レベルを知っているのですね。


食事サービスは出発後3時間の、朝の3時ごろから。

登場前にオーダーてあったサンドイッチに、

妻のゴイは機内で違う種類のサンドイッチにジュース、

僕はビールを注文して、1時間ほど、食事時間を楽しみました。

その後、また消灯となりましたが、

まもなく到着まじかのアナウンス。。。スイスイと飛行は順調な様子でした。

日本時間で、7時到着、気温0°。

こんなに早い時間ですから、入国管理も、並んで待つこともなく、

スイスイと。

ゴイも普通の外国人の列ではなく、リエントリーの列なので、

並ぶ必要なしで、スイスイと出てきました。


木更津までの高速バスは、8時半にひとつあり、

それに間に合わないと、次は10時20分なので、

高速バス以外の方法を考えないといけないのですが、

すべてが順調に進んだので、高速バスにもゆうゆう間に合いました。

結局、木更津の自宅に着いたのが10時。

あーやれやれ、、、ですが、本当に順調で、

これならエアアジアでも、十分満足です。

(今度、エアアジアを使う場合は、「行き」が問題が問題です。

朝早い(9時とか10時台)便だと、成田まで7時まで行く手段が

問題となります・・・)


今回のタイの滞在を振り返ると、残念だっとこともあります。

2か月半タイに居ましたが、旅行は、ゴイのふるさとに帰っただけでした。

友達に会う時間もあまりとれませんでした。

主に、ゴイが裁縫学校へ通ったためです。

予定通り、週2、3回のゴルフする、ということは愚直に

守りましたが。。。^O^

チェンライ、チェンマイに行きたかったのでした。

チェンライには、まだ一度もお会いしたことなないのだけれど、

ぼくに似た人生経歴をもった方が住んでおられて、

一度お邪魔したいとズッと思っていて、実現できていないのです。

それに、ゴイがチェンマイに行ったことがない、

チェンマイくらい見ておかなくちゃ、

という思いがあるのです。

今度、6月、またタイに戻ります。

今度こそ、北タイに、

行きたいなぁ。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

今日は、タイでの最後のプレー日でした。

金曜日がスポーツ・デイのタンヤ・ゴルフに行きました。

今日は、なぜか、日本人プレーヤーがとても多い日でした。

ゴルフ・ツアーで来ている人たちだと、想像します。

1月、2月と、妻のゴイは白ティーでプレーしています。

17回のプレーの中で、100オーバーしたのは、3回だけです。

平均、95くらいなのですが、

最後の日の今日は、ついにベスト・スコアの89で回りました。

とても、気持ちよく、一日を過ごしたようです。

ぼくも、前半は45とがっかりスコアでしたが、

後半は39、、、なんとか良い気持ちで終えることができました。

上に書いたように、2017年、これまで17回のプレーですが、

平均スコアは83.4、、、もう一歩の進歩が欲しい、

と思っています。

ドライバーは安定してきました。

アイアンは、スタンスを狭くして打つスタイルにして、

まだしっかり身についていません。

さて、日本に戻って、クラブがガラリと変わりますので、

どうなることやら・・・

心配と同時に、期待もいっぱい、というところです。


tg855
ゴルフの後、我が町、サマゴーンに戻って、早い夕食です。
ゴイは好物のココナッツ・ジュース。

tg859
ぼくも好物のシンハー・ビア!
今日は2本も飲んでしまいました。
お酒を飲めるだけ、幸せなんだ、と感じています。

tg865
ここは、クルア・ティッソンというレストランです。
サマゴーンの町には、湖が5か所あるのですが、
ここは2番目の大きさでしょうか。
5時になると噴水が出没します。

tg864
きょうは、たくさん食べました。
ここでのぼくの大好物は「マッサマン」です。
シチューのようなものですが、なんでも世界三大美味しい料理の
ひとつと言われているようです。
ほんとに美味しいです。


気立ての良い妻と、

楽しくゴルフをした後で、

美味しい料理をいただいて、

酔っぱらって帰る、

なんと理想的な、一日だったことでしょう。

こんな日が、一日でも多ければ、

いいなぁ。







^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop
先日、バンカピ・モールに行くと、「大戸屋」さんが閉店していました。

バンカピ・モールに行くたびに、そこで日本食を食べていたので、

非常にがっかりしました。

今日は、バンコクの市内のスーパー・リッチに両替に行くので、

セントラル・ワールド内の「大戸屋」さんに寄ってみました。

(今日、日本円1万円=3110バーツ。ちょっと円高の状態かな)


入ったのは、11時45分ころで、お客は他に、二組いただけでした。

食べたのは、いつものように、「ホッケ定食」と「ギンダラなんとか」です。

o815
いつものように、嬉しそうですが・・・
実はそうではなかったのです。

o817



ホッケ定食は、焼くだけですから、いつもと変わらない味です。

ところが、妻のゴイが大好きだった「ギンダラなんとか」の味が、

めちゃくちゃひどくて、全然おいしくないのです。

こちらの方は、いろいろ味付け・料理しなければいけないもので、

あきらかにキッチンの質、技術が落ちている、としか思えません。

バンカピの店が閉店になっているので、そういう先入観が

あるのかもしれませんが・・・。

お客さんの数は、ぼくらの他に、5、6組になっていました。

しかし、

精算して外へ出ると12時40分、お昼どきです。

他の日本食レストランを見ると、ほとんどの席が埋まっています。

「大戸屋」さん、

こんなことでやっていけるのかなぁ、

と感じました。

伊勢丹のスーパーで食材を買って帰ろうと、

寄ってみると、

こちらもお客がガラガラ。。。

大分前にリノベーションして、店内の見栄えは、

綺麗に整頓されて見えるのですが、

なんだか美しくものを並べているだけで、

肉も野菜も、タイのスーパーと変わりない質のものばかり。

ハンバーグを作って美味しく食べれる、日本人好みの

牛肉を買いたい、

と思ってでかけたのですが、この伊勢丹でもがっかりしました。

伊勢丹さんも、大丈夫そうには、見えません。。。

買い物をせずに、サマゴーンに戻ることにしました。


o818
セントラルワールド前の、スカイウォークを映しました。
この道の両側、以前は小さな店が歩道狭しに並んでいたものです。
きれいになりました。大きく変わりました。
ところで、変わらないのが、バスの運転、車のルール無視。
右端のバス、対抗車線が空いてれば、平気でセンターオーバーです。


家に帰って、裏庭で採れた、ココナッツと、マンゴーを味わいました。

o828
栄養もありそう!


o833
このマンゴー、チョットだけリスにかじられてしまっていましたが、
それだけ、美味しかったですよ。


ささやかな、

タイの幸せ。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

といっても、それほど多くはないのです。

妻のゴイが元気なこと(もっとも日本にいても元気なのですが、

タイにいればタイ語が自由に話せますから)、

温かく薄着ですごせること、

ゴルフが週、2回はできること、

(それだけで充分ではないか、という声もありますが)、

そんな中で、自分の家の庭で取れた果物を味わうことも、

ささやかな楽しみと数えることができます。

k810
裏庭のココナッツの木。家を買ったときに植えました。

k811
今では2階の屋根を超える高さに成長してます。

k809
食べごろ?に実が成長したので、取ってみました。

k808
新鮮な味です。
スーパーで買えば、1個、65バーツほどのものですが、
家でとれたものは、特別な味がするもので。


タイでの生活での味気無さ、

としてテレビで見たいゴルフ中継が見れないこと

(もちろんお金を出せば、なんでもできますが)、

と嘆いたブログの記事をかいたら、

早速、記事を読んだ丸山さんが、Konan Sportsというサイトがあることを

教えてくださいました。

ああ、もっと早くに知っていたなら!

松山英樹選手のフェニックス・オープンをはらはらどきどきしながら、

見れたのに~と残念でなりませんでした。

見たゴルフ番組は、ヨーロピアン・ツアーの、ドバイ・オメガ・オープン。

タイガー・ウッズが出場する、

ということでこちらも期待して待っていたプログラムではありました。

しかし、タイガー・ウッズが初日、良いところなく5オーバー、

2日目、棄権ということで、はやばやと興味が薄れてしまったのです。

初日から、プレーするのがいっぱいいっぱい、という感じで、

腰痛が完治していないとしか見えませんでした。

最終日は、セルジア・ガルシアとヘンリク・ステンスンの一騎打ちとなり、

(ヘンリク・ステンスンのファンなので、それはそれで面白かったのですが)、

珍しくも、ガルシアが最終日に自滅することなく、

初日からトップを守る完全優勝、でした。


k804


k805

ヨーロピアン・ツアーは、ドバイから始まって、年末にドバイで終わる、

レース ツゥ ドバイと言われるツァーなので、

気候のことも大きな理由でしょうが、

もっと大きな理由はドバイの石油成金のお金だろう、

ぐらいに思っていたのですが、

この写真をみて、もう一度、ドバイという国を調べてみました。

浅学で恥ずかしい限りですが、

ドバイという国は石油に頼る経済からはとっくに卒業して、

今は、石油がGDPの2%、

経済の中心は中東一の金融センター、

そして世界8位観光客を訪れる、観光立国になっているようです。

石油産出による、短い繁栄を謳歌しているだけではないか、

などという偏見を持っていたのでしたが、

日本を凌駕する大きな国作り、巨大な変化を達成した国なのでした。


ところで、松山選手のフェニックス・オープンを実況で見れなかった、

その代わりに、スーパーボール2017を実況でみることができました。

フェニックス・オープンはゴルフ場を訪れる観客数が半端ではなく、

去年は60万人、今年もそれ以上になったでしょう、

が、一つだけ欠点があって、例年最終日がスーパーボールと

重なってしまうことです。

アメリカ人にとっては、何と言ってもスーパーボールですから。

ことしの対戦は、ニューイングランドとアトランタの決勝です。

実は、第3クォーターの残り8分までは、とても酷い試合ぶりで、

アトランタの4タッチダウン(ターンオーバーを直接タッチダウンという

プレーもあった)で 3-28 という超一方的な試合ぶりで、

過去のプレーオフ最低の試合じゃないのか、とがっかりし始めたところ、

そこから大逆転が起こり、試合終了まであと1分で同点、

そして延長戦に入り、そのままの勢いで押し切って、結果は 34-28。

25点差の逆転はスーパーボウルで最大得点差記録で、後世語り継がれる

名試合だった、という。

逆転の要は、やはりQBのトム・ブレイディで、5度目のスーパーボールQB,

4度目のMVPを勝ち取りました。

スーパーボール史上初めてという延長戦は、本当に見ごたえがありました。


superball2017
決勝のタッチダウン。






 
^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる