2011年10月16日から、このブログを書き始めました。 サマゴーンは、ラムカムヘン通りの北、ソイ110に位置する、 バンコクでも歴史が長い有名大住宅街(と言われているよう)です。 戸数、5000の、キング・プロジェクトで開発された、かなり大きなムー・バーンです。 ロングステイを一歩踏み込んだ生活となりましたので、 都心から離れ、しかし、まったくの田舎暮らしでもない、こういうところもいいのか、 と思って住み始めました。 さて、どんな生活になることでしょうか。

庭の手入れは大変なのですが(最近は、ほとんどしてない)、

庭を持つ楽しみは、花や、木々の緑による、

自然の移り変わりを感じることでしょうか。

大網の家くらいの庭があって、木が多くなると、

野鳥が毎日にようにやってきて、目と耳を楽しませてもくれます。


庭に集めた枯れ葉、枯れ木などで、やきいもをしようと思っていました。

しかし、怠け癖でずるずるしないままでいたのですが、

それが幸いしました。

ふと玄関からでると、親鳥と目が合いました。

不思議なことに、その鳥はすぐに逃げることもなく、

むしろ僕の方に向かってくるようでした。

面白いこともあるもんだなぁ、と思って、

家の中にいる妻のゴイに声をかけました。

するとゴイは、小鳥を守っているんじゃないの、

と鋭いカンで言います。

そぉ~っと、見渡すと、いました、いました。


201705kiji1
キジですね。
雌鳥は、こんな地味な色をしています。
雄鶏は、よく目立つ、美しい鳥です。


201705kiji2
おや、一羽のひな鳥が見えますね。


201705kiji3
一羽どころか・・・。


201705kiji4
数えてみると、8羽はいました。
散歩、というか、えさを探す訓練をしているのかも。

201705kiji5
地面の上の、枯草のなかに、巣がありました。
まだ孵っていない卵がいくつかあるようです。
ウズラの卵よりは大きく、ニワトリよりは小さく、可憐です。
日をおって、孵るのでしょうか、あるいは、同時に孵らなければ
もうそれっきりなのでしょうか。
い・の・ちの不思議さ。


前日に、やきいもなんぞしなくて、良かったなぁ、

と思ったものでした。


先日、ゴルフを一緒にした富津在住のプレーヤーから、

シーサイドゴルフ木更津では、平日、1200円で、一日打ち放題だよ、

と教えてもらい、

行ってきました。

朝の10時に行くと、50席ほどある1階はほとんど埋まっています。

ゴイと離れた打席で練習を始めましたが、

一日打ち放題なので、お客さんも、なかなか帰りません。

ほとんどのひとが、おにぎりをもってきていたり、

レストランで軽食をとったりして、長い時間、練習に励んでいます。

結局、ぼくたちは、のべ6時間ほど、練習場にいました。

今日の、ぼくの課題は、アイアン・ショットで、

ピッチングから7番アイアンまで、同じようなリズムで打てるよう、

努めました。


5月に入ってから、6回プレーしましたが、

39・40=79、41・37=78、39・41=80、

39・43=82、38・40=78、42・39=81、

と驚くべき好結果がでているのでした。

使用アイアン・セットをブリジストン TS-201にして、

3週間になるので(こんなに長くひとつのクラブを続けていることは珍しい)、

親しんできたのか、と思うと、

いやいやまだアイアン・ショットに満足している記憶がなくて、

今、すこし、集中的に練習してみよう、

と思っているのです。

スコアが良い原因は、相変わらずドライバーの調子が良いのと、

パッティングの、自分に合った打ち方を発見したことが大きい。

パッティングは、藤田寛之プロの、ハンドファーストにセットする方法を

採用して、非常に安定するようになりました。


さらに、スコアがまとまるようになった要因は、

アプローチを上げて寄せる方法をあきらめて、転がして寄せる、

に切り替えたからだと思っています。

妻のゴイが、アプローチがうまくて、上げて寄せる方法を、

かなり上手にこなして(スピンがピタッと決まる)、

それに対抗して自分も身に付けようと努力してきたのですが、

トップやダフリばかりで、アプローチ・イップスになってしまうか、

と恐れるほどに、自信を無くしていたのです。

ゴイに対抗する気持ちをきっぱり絶って、上げることをやめてから、

それなりに寄るようになったのでした。


上のスコアの良さは、たまたまコースが簡単だったり、

ラッキーが重なったりしているからだと思っていますが、

すこしでも安定させるために、

今の課題は、アイアン・ショットの質を高めること、

とくにショートアイアンからミドルアイアンまで、

そして、フェアウェイ・ウッドをもっと使えるようになること、

だと設定しています。

フェアウェイ・ウッドは、

ドライバーでは打ちにくいホールでのティ・ショットと、

フェアウェイで、とにかくより遠く前に、進めること、

(グリーンを狙う、なんてことは考えていなないレベルです)、

この二つに限っています。


それにしても、いつまでたっても、課題が次々に現れて、

飽きることがありません。

それもゴルフの愉しみのうち、

ですね。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop
一宮カントリークラブで1.5ラウンド、

このところ一宮でプレーするときは、このパターンが多いのです。

西コースで1ラウンド、昼食をとって、東をハーフ。

西コースは、歩きなので、健康ゴルフにはもってこいです。

山岳コースの多い千葉のコースは、乗用カートが多くて、

歩けないので、この一宮西コースは、僕にとって、貴重です。


今日は、ひさびさに、小雨になかのスタートでした。

幸いに3番ホールあたりで、雨は止みましたが、

清々しい空気を感じることができました。

西アウトは39、

インに入って、(早朝からスルーだったのでスタミナ切れ?)、43、

合計82点。

ゴールデンウィーク(の練習明け)からは、

79、78、80、82とかなりいいスコアで回っています。

上達したのだと、

うれしいのですが?



20170515g1016
一宮カントリークラブで関東高校ゴルフ選手権冬季男子決勝大会が、
H28年12月22・23日に行われたようです。
石川航選手が優勝していました。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop

千葉の山道をドライブしてるとき、

または、山岳ゴルフ場の風景、などに、

今、木々が、様々に緑の色合いをみせ、

美しいなぁ、と感じます。


気が付くと、別に遠くへ出かけることの必要もなく、

庭に育つ我が家の木々にも、あふれる美しさが

満ちていました。

20170514midori1013
山ぼうしの木です。

20170514midori1015
白い花はもう散りましたが、緑の葉がいきいき。

緑の木々を見ていると、

穏やかな気持ちになったり、

なんだか、励まされたり、

いいものですね。


最近、自然に対する感覚がするどくなってきたような、

気がしないでもありません。

こうして迎える春や夏にも、

あといくたびかという限界があるのだなぁ、

と感じているのかもしれません。

もう、あくせくしても、しょうがない世事をから、

こころを離して、

大事なことだけをしていければ、いいな、

と思うようになって。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<
pagetop
こんなことでいいのか、と思いながらも、

今年のゴールデンウイークは、どこへも出かけず、

木更津に居て、アタックゴルフで練習していました。

1日、2日は3時間の打ち放題、

3日は休んで、4日 2時間、5日 3時間という練習です。

ドライバーは、今の自分に合った打ち方が分かった、

と思っているので、その反復練習です。

バックスイングを大きく、高くとること。

1(始動)、2(背中)、3(さらに高く) 4、でダウンに入る。

チャー、シュー、メンではなく、

チャー、シュー、メン、マ、の4拍子です。

バックスイングのトップを高くすればするほど、

右ひじのたたみが、ただ下すだけで、容易にできるようになり、

タメができているようなのです。

(ある、同時プレーヤーがコメントしてくれました。

「変則スイングだけど、タメができていて、力を効率的に使っている」

という過分な評価)


この休み中のメーンテーマは、ショートアイアンの打ち方、でした。

最近、練習場ではシャンク、

ゴルフ場では、ダフリやトップが、グリーンを狙う位置に来てから、

頻発する傾向が出ていて、なんとかしたい、と思っていたのです。

いろいろ打っているうちに、結局は、体が前に出ていく傾向が、

つまずきの元のような気がしてきました。

また、その原因は、セットアップの時から、

無意識に「つま先重心」になっているからではないか、

ということで、

「かかと重心」にすること、

また右足に体重を乗せたあとは、

右足重心のまま、回転する、というスイング。

基本的に、回転、ダウンスイングすれば、

自然、左サイドに体重は移っていく、と考えて。


というような、練習をして、さぁ、出陣。

5月7日、日曜日は、エンゼル・カントリークラブ、西・東コースです。

結果は、39+40=79。

5月9日、火曜日は、ゴールド木更津、IN/OUTコースです。

結果は、41+37=78。

2回のラウンドで、連続70点台、というのは、

初めての経験ではないかと思います。


少しは、上手くなったのではないか、

と信じたい、

ですね。





^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<

pagetop

「木々を渡る風」、ドイツ文学者、小塩節さんの日本エッセストクラブ賞を得た

エッセイ集のタイトルです。

ゴルフ場にいっても、緑が濃淡あざやかな季節になり、

眼をなごませてくれるようになりました。

この本の中の「ツツジの赤い花」という章に、こうあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからの季節は、野にも山にも都市の中でも緑が濃くなり、

ときにはむせかるほどの緑の力が圧倒的である。黒ずんだ

樹皮を破り、メリメリと音がするようなぐあいに花々がおしでて

くる。そしてなんと晴れやかな五月の大気だろう。

木々を渡る風は、晴朗の気を運んでくれる。文字通りほんとうに

新緑にかおる五月の薫風(くんぷう)は、大自然と人生の若さの

美しさをうたってやまない。若い日、青春。そのときは悩みも思い

煩(わずら)いもあるし、自分自身の愚かさや醜さに敏感すぎる

ときでもあるけれども、しかしやはり人生において、若い日々ほど

すばらしいときはもう二度とないのではないだろうか。だから一生

をかけて、若き日の志と情熱を持ち続けられる人の生涯はとうとい

と言えるだろう。大自然もまた、この若い五月の日々を一年の冠と

して、精いっぱい生き始めているのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はからずも、この章の文章が、このエッセイ集の中で一番美しいので、

本のタイトルもここからとったのでしょう。

若い日、青春。もう一度、戻りたいかと問われれば、

あんなに貧しく、不安な日々はもうたくさん、という思いと、

それでも、もういちど青春をやり直せたら、という思いが

交錯します。

イングリッド・バーグマンに、こういう言葉があるそうです。

(先日、ミステリードラマでのキー・ワードに使われていました)

「私が後悔するのは、しなかったことであり、

出来なかったことではない」

出来た、出来なかった、ということではなく、

本気で(トライ)しようとしたか、どうか。。。


後悔だらけの人生を、

ひとは生きていかなければならない、

というのが大方の生きる姿であろいと思うのだが、

春がくるたびの、初心のこころをやさしくゆすぶって

くれるのだろうか。


最近、すこしだけ、読書欲が回復してきて、うれしい。

・里見惇の<聞き語り>エッセイ集「い吾庵酔話」

(いの漢字が出てきません。もと心部 忄 に、台)

・「天才と狂人の間」(杉森久英)―大正の大ベストセラー「地上」

の作者、島田清次郎の伝記で、直木賞受賞作。

・「北国の春」井上靖 短編集

・「徒然草」 杉本秀太朗 -これは以前から時間ができたら、じっくり読みたい、

 と思っていた本。

徒然草の読み方の、さまざまな形があることを痛感しました。

手元にある、奈良岡康作 訳注の旺文社の文庫本は、

第一段の訳はこうなっています。

しようにもすることのないもの淋しさにまかせて、

終日、机の上の硯に向かいながら、心中につぎつぎにうつっていく、

とりとめのない事を、何というあてもなく書きつけてみると、

妙にわれながらばかばかしい気持ちがすることである。


もし、「われながら、ばかばかしい気持ちがする」書き物なら、

これほど長く人口に膾炙してはいなかったであろう、と思う。

さもあるように、非常に浅薄な訳や、解釈が少なくない、ようだ。


杉本秀太朗は、「心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく

書きつくる」と断ったのは謙遜、遠慮であって、

「心にうつりゆく大事なことをきっちり書きとどめる」というのが

兼好の本意である、と言い切っています。

「あやしうこそ物狂ほしけれ」とは、

さまざまなことを書きつらねるほどに、

我ながら、正気か狂気かいぶかしくなるほど心気が熱してくる、

と。

徒然草は、隠遁した坊さんの、冷徹な人生観照の本などではなく、

無常な世に耐えていく、パッションを読み取ることができるのだろうか。

思えば、なんども手に取った徒然草も、

通して読んだことはないなぁ。






^O^


ポチッと、ひと押し、お願いします。

タイ・ブログランキング<

pagetop
サマゴーンの風に聞け
タイ・ブログランキング
プロフィール

im9p

Author:im9p
im9p = I am a Cupid. ^O^
このキューピーさんの絵は奥さんのゴイ作です。
退職後、ロングステイ先を求めてタイにやってきたのが2008年。あせらず、あきず、あきらめず、いつまでも成長していける心で、豊かに生きることを願っています。産業カウンセラーの資格を退職後に取得。モットーは、あ・た・ま=明るく、楽しく、前向きに。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お知らせ
お買いものヘルプ
DVDレンタル














僕の読んだ本、など
会津八一 鹿鳴集自註
幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫) (1998/01/16) アラン 商品詳細を見る
フリーエリア
サマゴーンの風カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる